みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

プレゼントありがとう♪

script_ameba_item,http://stat.present.ameba.jp/blog/js/4t/NSE98_MeHxn9OcMYFUlbVm.js?SGVsbG8gS2l0dHkgQ29sb3JzIChHcmVlbik=:aHR0cDovL3N0YXQucHJlc2VudC5hbWViYS5qcC9pbWcvZGF0YS9ncmVlbi5qcGc=:PGEgaHJlZj0iaHR0cDovL3ZjbGljay5hbWViYS5qcC9jbGljaz92Y2k9MzgyNTEiPuODj+ODreODvOOCreODhuOCo+iqleeUnzxicj4zNeWRqOW5tOiomOW/teOCteOCpOODiDwvYT48aW1nIHNyYz0iaHR0cDovL3ZjLmFtZWJhLmpwL3ZpZXc/dmNpPTEwNjAiIGFsdD0iIiB3aWR0aD0iMSIgaGVpZ2h0PSIxIiAvPg==

とっても可愛いキティちゃんをありがとうございます。
嬉しかったです音譜
これからもよろしくお願いしますニコニコ

連休最終日

せっかくの3連休でしたが、お天気が今ひとつ(^▽^;)


曇りながらも雨が降らなかった最終日
夏にはあまり行かない海ふれにワンパクトリオを連れて・・・・・・

ところが「海ふれ」の前に到着してビックリ
門が閉まっていたのです。


私達同様に知らずに来られたのか?
門の前のスペースでBBQをされている方が数人いました。

今から深北に行くのもなあ~と言う事で、
「海ふれ」の手前にあるホームセンターの中の小さなドッグランへ

こちらは駐車場の一角に小型犬用と大型犬用があります。

勿論、ワンパクトリオは大型犬用


わがまま天使達

ラッキーと太郎は大喜びアップ



花に挑む小さなミニピンちゃん

わがまま天使達



その日のターゲットが決まるとしつこく迫るラッキーです( ̄ー ̄;

わがまま天使達


わがまま天使達



夕方になってくると沢山のワンちゃんになってきましたニコニコ

わがまま天使達


わがまま天使達


わがまま天使達



太郎はどの場面でも引き気味( ´艸`)
そしていかにも大仕事を済ませた風に私達の所に戻ってきます。

わがまま天使達


それとは反対に花もラッキーも帰り支度をして呼ぶまで行ったきりですヽ(;´ω`)ノ


ここでご一緒になった方から聞いたのですが
「海ふれ」は当分は閉鎖なのだそうです。

私は勝手にすぐ横に建設中のシャープ堺工場の為に
ランも狭くなり、広場の端っこも掘り起こしている
そう思っていたのですが

実は「海ふれ」の敷地にかなりの汚染残土があったそうです。
その為の掘り起こしと修復が行われていて
広場の全てを完了するには少なくても3年はかかるそうです。
なのでそれまではずっと閉鎖されるということになります(ノ_・。)

夏は日陰もなく、あまり行かないですが
家から20分くらいと近く便利な所だったのですが

これからは深北ドッグランかこのホームセンターになりそうです。
深北は車で40分はかかるのでどうしても花が一度はゲボってしまいます
涼しくなってきたら海ふれにと考えていたので残念です。


そんなちょっとショックな後ですが
いつも通りチビワン達は、夜のマーブルビーチです船

あんまり変り映えしませんが


相変わらず気管虚脱の手術後からは夏に1番強い男になったマーですチョキ

わがまま天使達


こちらは暑さに滅法弱いポー

わがまま天使達


そして年のわりに元気なお姉さん達

わがまま天使達


こうして3連休が終ってしまった我が家です。

今のところ、皆体調も良く食欲もあり元気に過ごしてくれています
そんな普通の生活が出来る事が1番嬉しく思っています。

夕涼み

毎日・毎日とても暑い日が続いています。

我が家には、種類も年齢も違うワンコが7ワンいます。


若者組のラッキーと預かりワンの太郎・花
年齢の高いチビワン達は同じお出かけは出来ません。

気管虚脱が完治したマーですが
こんな暑い時期はチビワン達に無理はさせられませんから


なのでお父さんのいる週末は、2部に分けてお出かけしています。
ワンコ達はそれぞれ『やったー!』ではありますが
こちらはかなり疲れますあせる

大抵は若者組は、ドッグランに出かけます。
この日曜日はお父さんが張り切って、早朝の「深北ドッグラン」へ
1人で3ワン(ラッキー・太郎・花)を連れて行ってくれました。

5時前に家を出て帰宅したのが8時過ぎでした。
しっかり監視してもらわないといけないので
カメラは頼まなかったから写真はありませんが

3ワン共に満足気に帰って来て、2度寝をしておりました( ´艸`)


そして年齢の高いチビワン達は、
これまた大抵は夜の「マーブルビーチ」に出かけています。

やはり海からの風は爽やかですし、厄介な蚊も殆どいないのが決め手です。



わがまま天使達

夜の写真は、ストロボが届かなくて真っ暗ですが
週末は夕涼みの人や家族連れの人、花火をしている人達とかなり賑やかです。

そんな中みんなルンルンでお散歩を楽しみます音譜


わがまま天使達

ミーちゃん目が光っています・・・・・そして夜でもベロが出ていますね

昨年よりも年を取ったなって感じる今日この頃です(来月には12歳)



わがまま天使達

パピもやっぱりベロが・・・・・今年の末には10歳だから無理もありませんが


わがまま天使達

先日おっさんだった事が発覚したポーも口が開いていますね。

夜の9時過ぎでもかなり暑いです(;´▽`A``




お散歩コースを楽しんだ後は海の近くに行ってみます。


わがまま天使達

この道の先が海です船


やっぱり潮風はとても気持ちが良いです。
自然の風って癒されます(*^▽^*)


わがまま天使達

マーは風に飛ばされそうになってます(-^□^-)


そして波打ち際まで下りていって気持ち良さそうに座っているパピ


わがまま天使達

目の前に来る波を見ていました目
「ザァ~ザァ~」にも聞き入っていました。

私も思わず座り込み暫く潮風を受け、
対岸にある「関空」の滑走路のライトを見つめています
離着陸の飛行機を目で追いながら

ちょっと目が回る動画ですが、海岸から見た関空です。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=hes52qg75nW:bhae:Nn:ce:ykJq7t3kQ8.2Hf7/xmLaoddTTigKJUd:Dx/P:xb:OS:W.VvX_ZUWY_1JhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=green



こうしてたっぷり1時間は夕涼みのお散歩に出かけます。


このお散歩は実は私の楽しみでもありますニコニコ







クッキーちゃん帰ってきました

皆さんに沢山の応援をしてもらっていましたクッキーちゃん

ご飯も食べられないくらいに呼吸困難が酷く
手術に耐えられるかどうかわからない状態でした。

6月20日に入院し、23日に頚部気管虚脱、7月1日に胸部気管虚脱の手術を受け
米澤先生の素晴らしい手とクッキーちゃんの生命力そしてパパ・ママの愛情

その全てが今回の退院に導いてくれました。

10日に無事に退院された様子がクッキーママのブログにアップされています。


わがまま天使達

退院の時に先生に抱っこされるクッキーちゃんですニコニコ


ほんの数ヶ月前のマーの時のことを思い出しました。

わがまま天使達

2月16日の退院時の米澤先生とマーです。
この時の気持ちが込み上げてき、クッキーママ・パパさんの感動を思いました。

普通の呼吸で生きていける日が来るなんて・・・・
まだまだこの子と過ごせる時間を沢山残してもらえたなんて・・・・


クッキーちゃんのこれからの楽しい日々を想像するだけで顔がほころびます。

一度は最悪の事を覚悟したクッキーちゃんですが
こんなに元気になってお家に戻って来れました。

クッキーちゃん同様にこの病気に苦しんでいる子が
米澤先生の元に辿り着かれる事を願わずにはいられません。

 クッキーちゃんおめでとう!!
そしてパパ・ママさんお疲れさまでした。

これからは思いっ切り甘えん坊させてあげて下さいね音譜


最後に私のこのブログにも沢山の応援コメントをもらって感謝していますm(__)m






太郎・花 ☆ ご無沙汰しています

随分と太郎・花お久し振りになってしまっています。


もう少しで1歳と2ヶ月になります・・・・・
本当に大きくなりました。


実はもう1ヶ月前になるのですが
いつもお世話になっている京都で活動されている方の口利きで
花にお見合いのお話しが突如舞い込んできました。

室内で飼っていただける上に、お子さんはすでに独立されていて
ご夫婦の一人っ子として可愛がって頂けるというお話しでした。

願ってもないお話しに、その日の内にお見合いに伺い
花のトライアルが始まりました。

ご主人は、結婚前にわんちゃんを飼っていたそうですが
初めてのわんちゃんとの生活に戸惑いながらも一生懸命なお母さん
今まで姉弟でずっと一緒に育ってきたのに寂しいだろうと
初日の夜は花と一緒にリビングで朝まで眠って下さいました。

さすがの花も緊張したのか、フードをあまり食べず
心配して色々な物を作ってもらったようです。
そんな風に花が一人っ子を満喫していたその頃

このお方は、テンションがかなり低い日々を送っておりました( ̄ー ̄;

わがまま天使達
庭にも出てこない暗い太郎さん(^▽^;)


このままうまく行ってくれる様にと祈ったのですが・・・・
お父さんが前に飼っておられたのが小型犬
花の大きさがどうしても気になったようでした。

相談の結果、花の一人っ子生活は3日で終りました。

ただお母さんはとても気に入って下さって
花を迎えに行った時には涙を流しておられました。
短い間でしたが感謝の気持ちでいっぱいです。



そして花が戻った週末に出かけた『海に行ってきました』のこの笑顔

わがまま天使達

花ちゃん依存症の情けない男ですヽ(;´Д`)ノ


その翌週に出かけた深北ドッグラン

この日は大変暑い日で、夕方からのお出かけでした。
なのであまり写真は撮れませんでしたが

早速、いろんな人の所にご挨拶詣での花

わがまま天使達


柴犬ちゃんとラッキーそして太郎ですニコニコ

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=JGs52qg75nW:bhae:Nn:ca:0h_6Fw3zD85RUf7/xmLaoccYRigKJUd:Dx/P:xD:OO:Y7L/iCZjhY7QWhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

珍しくラッキーがしつこく迫られて(いつもはラッキーがやっています)
青いハーネスをした柴犬ちゃんとラッキーの間に身を入れている太郎です。



家の庭でもこんな具合に女同士(ラッキーと花)が白熱すると・・・・
大抵はラッキーがライバル心を剥き出しで花に迫っています。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=KHs52qg75nW:bhae:Nn:ca:030p1Mnv5/5XZf7/xmLaoccYRhgKJUd:Dx/P:xE:OO:YQ_uRfJfVb7WbhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=blue

ビビリで弱虫の太郎ですが、平和主義な太郎だったりもします。



わがまま天使達


わがまま天使達


わがまま天使達


暑い中、若者組は飽きる事なく遊んでいますが


さすがに昨日は、あまりにも蒸し暑く
この後にクーラーの入った部屋でガムを食べたりしてまったりしていました音譜

わがまま天使達


わがまま天使達

花は上手に手に挟み食べていますが
太郎は手に挟むのが苦手・・・・口の中にすっぽり入れてモゴモゴしながら食べています。
ただし慎重派でゴックンと飲み込んだりはしないから安心なんですよ。


この後に満足気な顔の太郎でした( ´艸`)

わがまま天使達



花はきっちりお座りしてガムを催促しています( ̄▽+ ̄*)

わがまま天使達


こんな風に猛暑でも元気に過ごしています。








暑くっても・・・・・

蒸し暑い日が続くmayuママ地域ですあせる


子供の頃から、私自身は夏はとても好きな季節でした。
夏祭り・蝉の鳴き声・花火・・・・1年でも1番わくわくするそんな夏が大好き


だけどマーが気管虚脱を発症してからは、1番辛い季節になりました。
早くからエアコンを低温に設定し、なるべく興奮させない様に引きこもり生活です。


そんな悪夢の様な6年間

今年は夢だった蛍を見に出かけたり、海に出かけたり、ドッグランに出かけたり


そしてこの蒸し暑い中、エアコンをつけずに過ごせています。
昨年までは冷蔵庫の中に入っている様で汗一つかかなかった部屋の中は、
今では何もしなくても汗びっしょりかいちゃいます( ̄ー ̄;


マーはこんな格好で寝ています( ´艸`)

わがまま天使達


しかもすっごい顔して爆睡中にひひ

わがまま天使達


そんなマーを眺めながら、お父さんがしみじみと

『この蒸し暑い中、手術をしてもらってなければ今年は持たなかったな』


辛く苦しかった事しか思い出せない夏の夜
こんなに穏やかな気持ちで過ごせる日が来るなんて思いもしませんでした。


思わず『マー!』って声をかけると

わがまま天使達

ママなぁに~

そんな飛っきりのマーの笑顔が返ってきます音譜


クッキーちゃんの手術が成功し
ようやくホッとして暑い中でも元気に過ごすマーの報告ができました。

この笑顔を、まだ見続ける事が出来る幸せを噛み締めているmayuママです(*^▽^*)




穏やかな夏の日


わがまま天使たち

わがまま天使たち

わがまま天使たち

わがまま天使たち

わがまま天使たち

わがまま天使たち

わがまま天使たち

クッキーちゃんの2度目の手術後の様子

先ほどクッキーママのブログが更新され胸部手術前後の報告を書かれています。


びっくりするくらい元気で穏やかなクッキーちゃんに驚きました。
まだまだ若いクッキーちゃんの回復力には感心しました。


胸部手術直後のクッキーちゃん
マーの時よりもしっかりして見えます(^∇^)


わがまま天使達

ほんの2週間前のことを考えると夢の様な・・・・・
きっとそれはクッキーちゃんが1番感じているでしょうね。

いっぱい苦しんで、そして弱った体で2回の痛い手術に耐えて
きっとパパ・ママとまだまだ一緒に居たいという
そんな気持ちが大きかったのだろうなあ~

私のこのブログにて、又クッキーママのブログにも
優しく力強く応援して下さって本当にありがとうございました。

そしてクッキーママおめでとう!!




☆今の獣医さんの間では、まだまだ気管虚脱の手術に対して批判的な流れが主流です。
 だけどクッキーちゃんの様に、一度は諦めかけた命が繋がることもある
 そのことをわかってもらいたいと心の底から思います。
 
 

クッキーちゃん胸部気管の手術

いつも応援していただいてありがとうございますm(__)m


今、クッキーママから電話が入りました。

明日をも知れぬ状態で米澤先生の所に駆け込み
体重もベストから1キロ近く落ちたクッキーちゃんでしたが
無事に大きな山を乗り越えてくれました。

胸部気管虚脱の手術が成功しました!!
今回は、頚部よりもかなり大変な手術です
やはり胸部虚脱は半分くらいまでペタンコだったそうです。

マロンの時の画像で恐縮ですが、胸部手術直後の画像です。
記事は→コチラ


わがまま天使達

頚部の時よりも深い所の手術になります
麻酔もかなり強くかかっていて、
覚醒後でもこんな状態でした。

意識が混濁しながらも「キャインキャイン」と鳴いていたのを覚えています。
クッキーちゃんも「ヒィーヒィー」と鳴いていたそうです。
痛みからうなされている様に鳴いている状態の様です。

だけど『もう大丈夫!』と先生に何度も言ってもらったそうですニコニコ
ママさんも重圧から解放されてホッとしたと言っていました。

これからホテルでゆっくり休まれて
明日の朝にはクッキーちゃんに面会し
大きな喜びを胸に帰途につかれる事でしょう。



気管虚脱を発症して4年
「手術は不可能な病気です」と宣告されて1年。

宣告されてからの1年は、症状は段々と重くなり
かろうじて呼吸をし、生きていたクッキーちゃんです。

その姿を見守る事しか出来ず
切なく辛い日々を送ってこられたパパ・ママさん

大きな愛情と米澤先生との出会いによって
クッキーちゃんの命が繋がりました。


心の底から嬉しく思います。

そしてこれからはモリモリご飯を食べて
走り回って、ワンパクして
今まで出来なかった事をクッキーちゃんいっぱいいっぱいしてね。

該当の記事は見つかりませんでした。