みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも・・・・

マーの『気管虚脱』の手術から9か月がたちました。


手術前にはいつも「今月は大きな発作もなく、無事にやり過ごせた」と

胸を撫ぜおろしたり、酷い発作が続けばクタクタになって過ごしていました。



マーとの時間を少しでも長くと望みながら・・・・

今度こそあまりにも苦しそうなら、決断して楽にしてあげなければいけないのか?


そんなまさに緊迫の日々を送っていました。



先日、引き出しの片づけをしていると1冊のノートが出てきました。

そのノートにはワン達の体調の事や食事の事をメモしています


殆どがマーの様子ですが


「2007年5月3日

夕方から散歩、途中息が荒くなりすぐに帰宅

帰宅後、鎮静剤を飲ませるが落ち着かない。


午後9時

食事はとれたが呼吸は酷くなる


午後10時

おしっこをした後にいっそう呼吸が荒くなり

苦しくて横になることも出来ず


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


深夜にいたっては10分単位で書きなぐっています。

この時は翌日から入院をさせていました。


そしてまたある時は


「私が出かける準備をしていると、興奮してしまい

また「ゼーヒー」が始まってしまった」


「今日は調子がよかったのに、午前11時半に宅急便が届き

チャイムの音に反応してしまい「ゼーヒー」が始まり

舌の色もかなり悪い、午後の診察につれて行く」


「深夜3時

コロコロと体制を変えながらも苦しくて眠れない様子

さっき鎮静剤を飲ませたから数時間は飲ませられない」


「眠ることも出来ず、座ることも出来ず・・・苦しんでいる」


そして後悔の言葉がいつも並んでいます。


「油断して、夕方に散歩に連れて行ってしまった私の責任だ」


「21.5度になっていたのに気付かずにエアコンをかけなかった」



本当に思い出しても、あの時のマーの姿が思い出され

今も胸が痛むと同時に見守ることしか出来ず

苦しみ悲しみ「代わってあげたい」と涙した自分を思い出します。



3年前の前半には相次いで愛犬を「癌」により看とってきました。

絶望の宣告を受け「何としても頑張ろう」と心に誓い

後悔は残りながらも宣告された時間よりも長く過ごせた満足感がありました。


マーは気管以外はどこも悪いところはありません

だけど生きていく上で1番大切な呼吸がまともに出来ませんでした。


「癌」の子の闘病よりも難しかった想いが大きいです。

他の臓器が健康なだけに、安静・平常心を求めるのは困難でした。


3歳で発症した当初は、マー自身も狭い気管に慣れていない

やんちゃ盛りのしかも多頭での環境。


慎重に呼吸をすることが出来ず

何度も何度も深夜・明け方に救急病院に駆け込みました。


その度に「もうこの子は逝ってしまうのかな」と胸を痛めパニックになる私。


そんな時にネットで行きついたアトム動物病院 の米澤先生でした。

どこの病院に行っても、またある時はネットで獣医さんに質問しても

返ってくる答えは決まっていました。


『気管の手術は殆どの病院ではやっていない』


それよりも体重管理と興奮を避ける事

呼吸が困難な時には酸素室に入れて、気管を広げる処置をする。

だけどペッタンコの気管はそんなことではどうにもなりません。


結局はその子の体力と生命力だけが頼りなんですよね。



辛かった日々が走馬灯の様に駆け巡りました。


実は秋の始めに、手術をして下さった米澤先生に手術の報告書について

連絡をとらせてもらったことがあるのですが。


その時に先生が下さったお手紙に


『・・・・時々みなさんのブログを読ませてもらっていますよ。


みなさんが元気で普通の日を送っておられるのがうれしいです。


そして当たり前の生活の中でお出かけしたり、遊びに出かけたり


1方では気管虚脱の記事が過去のことになり、遠のいていく


そんな現状をとてもうれしく思い、普通の生活がいつまでも続く事を願っております』



とても優しい言葉に感激してしまいました。





初めての対面の時に「ここまでよく生きてこれたね」

そう優しく声をかけて下さいました。


いつもいつも「今日もまだ生きてくれている」

そんな緊迫の中での生活をこの先生だけは受け止めてくれるのだ。

わかってもらえる先生がこの世の中に存在するのだと思え、うれしかった。


実際に東京で撮影してもらったレントゲンには

気管があるべき所には写っていませんでした。

あまにもペッタンコすぎて写りこめなかったそうです。


マーにも「よくこんな気管で頑張ったね」とおしゃってくれました。


全てを先生に託し、何があっても後悔しない決意が生まれた時でした。



あれから9カ月もの月日が流れました。

あんなに苦しく辛い6年間が嘘だったような、夢だったような。



そして先生のお手紙の後半には重要な事が記されていました。

マーで10ケース目くらいだった頸部・胸部の手術

クッキーちゃんもそうでしたが・・・


夏にかなり重篤な子(12歳)の頸部・胸部同時手術に成功されたそうです。

クッキーちゃん同様に末期の状態で、その難しい手術が2週に渡り続いたそうです。


2頭のワンちゃんは元気に回復して帰っていかれたとのことです。


先生も今まで断わらなければいけなかった重症の子を助けられると喜んでおられました。

私もこれで苦しみが続く子達が、助けてもらえる可能性が大きくなったとうれしく思いました。



今日のマーとのお散歩です。


わがまま天使達

わがまま天使達


朝夕は寒いくらいですが

まだまだ午後からの陽気は、前のマーなら出かけられません。


こんな当たり前のお散歩に行けることが

とってもうれしく有り難い事なんだと日々感謝することを忘れず

1日・1日を大切に過ごしていかなければいけないと思った日になりました。



マーとのお散歩で見かけた花にも目をやり、

楽しむことが出来る本当に幸せです。




わがまま天使達


わがまま天使達


わがまま天使達

わがまま天使達

これからも、先生にもらった命と胸に刻み


辛かった日を忘れずに、マー以外の子達との生活も大事に過ごしていこう。












スポンサーサイト

3年たって

ポーが我が家の家族になって、早3年の月日が流れました。



わがまま天使達


最近のポーさんは生意気?になってきました。


食べ物命!のポー

ご飯を食べている人にべったりで尻尾ブリブリ


たとえば爆睡中でも飛んでくる




わがまま天使達



相手が何も食べ物を持っていないと知らんふり


ポー!ポー!

↑の様な顔で完全にシカトしますヾ(。`Д´。)ノ




わがまま天使達


しかもこんな風に伸びまでしてくれますから( ̄ー ̄;


それでも3年で我が家流を身に付けたこともあります(ついて欲しくない我が家流)



毎朝、お父さんが背広に着替え出社の準備を始めると

必ずミーが「行かないで~」って感じで吠えます。


それをどう勘違いしたのか?


背広を着たお父さんは「敵」だと思いこんでしまい


がるる~ がるる~


その上に追いかけて攻撃の体制にはいっちゃいます(全然こわくはないのですけどね)


で、そのあとに必ずリーダーのミーに視線を飛ばします。


「僕が悪者をこらしめておきました」

とでも言っているような感じなんですよね(;´▽`A``


ポーはポーなりに、我が家での自分のポジションを確立する為の努力なんでしょうね。



わがまま天使達


何も考えていないようで・・・・・


それまで多分家庭犬としての経験がなかったポー

わがままな先住犬の中で一生懸命だったのだと思います



だけど私が望むのは、健康で1日でも長く一緒にいてほしい

それだけなんですよね。


どちらかというと、小さい時から可愛がられ

ついつい甘やかされて育った


私が! ぼくが



そんな先住犬の中にいて

こんなぼんやり~な顔で過ごすポー




私の究極の癒しです(*^▽^*)



わがまま天使達







いろいろ

すっかり季節が変わり、朝晩めっきり寒くなりました。

長らく更新が止まったブログにもかかわらず、ペタを残して下さってありがとうございます。



ワン達も私も元気にやっています!!


我が家にとって今年の夏は特別な夏でした。
年明けにマーが「気管虚脱」の手術に挑み
越せないのではないか?
そう覚悟していた私達には夢のような夏を過ごすことが出来ました。

お盆休みが長かったお父さんと
暑さを避けて、早朝・夜にワン達を連れていろんな所に出かけました。

マーを含むチビワン達は、夕方から海に出かけ
なんと「淡路島」には2回も行ってきました。
内の1回は、とてつもない渋滞に巻き込まれましたが汗


ETCの恩恵って、有り難い様な迷惑な・・・・・
それはそれで開き直りゆっくりと夜の海を散策してきましたが
帰宅したのが深夜の1時過ぎになったのは痛かった(><;)

そしてワンパクトリオ(太郎・花・ラッキー)

これまた暑さを避けて早朝・夜のドッグランに何度も出かけてきました。


写真もいっぱいです。



ゆっくりとブログにアップしていこうと思っていた矢先!?



ミクシイをされている方は、皆さん知ってらっしゃると思いますが

ミク友さんに誘われて「アプリ」なるものを始めてしまいました(^▽^;)

「アプリ」っていわゆるゲームなんですが


ピグで毎晩の様に集まっていたミク友とすっかりハマってしまい

野菜・花そして鳥さんを育てたり、ペットを育てたり

留守(ログアウト中)の時には、ミク友が代わりにお世話をしてくれたり

お返しに時間がある時にはミク友の畑や牧場そしてペットのお世話と


そんな状態で中々写真の整理も出来ず


またアプリをすればする程、問題が出てきました


それは丸7年を迎えたPCが悲鳴を上げて、いい所では必ずフリーズ

ピグを始めた時にも遭遇したことですが

しかも毎日量産しているワン達の写真も相当な負荷になっているのはわかっていました。


実はお恥ずかしい話ですが、我が家のテレビは未だに大きなブラウン管

色もはっきりしなくなってきていて、そろそろ買い替え時かな

今はブルーレイ内蔵やハードにも録画が出来るのがお買い得になってきています。


お父さんはもう欲しくってウズウズしていました。

ある週末に家電屋さんにとりあえず最近のテレビを見に出かける事になり


「テレビ・PC・カメラ(1眼)の中で何が1番欲しい?」と

それはきっと私がテレビ!と言うと思っての質問でした。


すかさず「PCとカメラ!!」と叫ぶ私

ハトが豆鉄砲をくらった様な顔をして絶句するお父さん


それでもうすぐ新しいOSが発売される為に売り切りの値段になったPCを

テレビを購入する為の下見のつもりだったお出かけで

夏モデル(Windows7に乗り換え対応)のノートをお買い上げしてしまいました。


その日はそのまま帰るつもりでしたが

前々から目を付けていたカメラを触ってくるだけだからと

家電屋さんの帰り道にある「カメラのキタムラ」に降ろしてもらい


「車で待っていて、ちょっと見てくるね」と言い残し

お目当てのカメラは、連日価格コムで調べていました。


すると最安値よりも3000円も安くなることがわかりました。

店員さんには今日は実機を見に来ただけなのでとお店を後にし車に戻りました。


期待はしていなかったのですが

お父さんに思わず「最安値よりも安くなるらしい」と話したところ

「それじゃあ買えば」と想像もしなかった言葉が返ってきました。


この機会を逃してはならない!
すぐにお父さんを連れて、店にトンボ返り
担当してくれていた店員さんに「やっぱり予約します」
欲しかったカメラは「一眼カメラ」


子供達が小さい頃に大きく重いキャノンの一眼(フィルム)に一番長い望遠レンズを付けて
運動会・文化祭・スポーツの試合等々に出かけて撮影していましたが
小さなオートのカメラを持っている友人がうらやましい時もありました。


その時の経験から、ワン達を撮影するには動きに強い一眼レフが有利なのはわかっていますが
なにしろ超多頭の我が家・・・・ワンを連れ出すだけでも大変です。
最近の注目と言えば小さな一眼で、先月に発売になった
ルミックスGF1
毎日の様に価格コムとにらめっこしていたのです。

中でも白に一目ぼれをしてしまいましたラブラブ
その白は、今はメーカーも品薄でどのくらいかかるかわからないそうです。

あれから1週間、お店から「商品が届きました」と電話がかかってきました。

早速、大蔵省(古)のお父さんを連れて土曜日に手にしましたニコニコ
前評判通りにレンズが明るく室内・夜景も肉眼で見るよりも明るくクッキリ!


そんなデジイチデビユーのショット達をアップします。


最年長のミーさんいいお顔をしています

わがまま天使達


一眼でもなぜだかボケるポー(笑)

わがまま天使達


10歳を目前に初歯石除去と涙やけが酷くなったので涙腺管のつまり除去に行ってきたパピ

わがまま天使達


うしろの景色を楽しむラッキー

わがまま天使達


夕暮れ迫るマーブルビーチにてマーとラッキー

わがまま天使達

夕日が落ちる間際の海

わがまま天使達

わがまま天使達

すっかり日が落ちたビーチ

わがまま天使達







そして本日の庭で遊ぶ太郎・花です

わがまま天使達

わがまま天使達

で、いつもは太っ腹の花が意外にも初物のレンズに目が点状態

わがまま天使達

わがまま天使達

どうもカメラが気になって目が釘づけの花( ´艸`)

まだ説明書も開けていないので、カメラにお任せモードでの撮影です。
天候や時間帯も関係していて暗く写っているかな・・・
少しずつ自分の物に使いこなせる様に楽しみながら撮影してみようと思っています。


最後に新しいカメラです

わがまま天使達

見た感じはコンデジみたいで、とっても小さく可愛いカメラです音譜

これからはじゃんじゃん撮ってブログの更新をがんばるぞ~

ということで最近のいろいろでした。





該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。