みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

続・9ヶ月ぶりの再会と海ちゃんのその後

すぐに書くつもりが放置状態になってしまいました(;´▽`A``

その後ミルは安定して過ごしています。


先生との再会の続きです。

カメラを出し損ねてしまって、あまり撮影出来ずの残りの写真です。


わがまま天使達


あんなに酷い「ゼーゼー」だったクッキーちゃん

すっかり普通の呼吸をしています。



クッキーママ に初めて聞いたのですが

実は3年近くも、ほぼ24時間「ゼーゼー」だったそうなんです。

昨年の夏には埼玉の高度医療センターにまで出向きながらも


そこで下された診断と治療法は

「気管虚脱」という病気には効果的な治療がないこと

これからずっとクッキーちゃんは苦しい時間を過ごすしかない

いっその事・・・・・・楽にしてあげるのも・・・・・

その時のママさんとパパさんの落胆を想像するだけでも胸が痛かったです。

 

是非、今のクッキーちゃんの姿を見てもらいたいと強く思います。


マーの場合は、米澤先生を知っていながらも

諸事情(多頭等)により又東京までの移動に自信がなく

6年間も苦しめ、苦しんできました。


ようやく決心した今年の始め

早々にやってくる9歳のお誕生日。

こんな年齢にまでなってしまって大丈夫なのか?

すでに手遅れなのでは?


そんな不安な気持ちで東京の米澤先生にお電話したとき

ある一言が私の気持ちを決めました。

それは17歳のワンちゃんが同じ手術をされ、無事に成功された事でした。


そして何よりもマーが元気に過ごせているのは

同じ大阪から3年前に東京での手術に挑みすっかり完治したチーちゃん

チーママとの出会いがなければ、マーはすでに私の手元にいなかったかもしれません。


東京の米澤先生を頼り、北は北海道から南は九州まで

呼吸困難の不安の中はるばる行かなければならない現状

この打開の為の発表をいろんな所でされている先生です。


今回の大阪でもその為に来られました。

東京の次に大阪から手術に来られる人が多いそうです。

沢山の病院や高度医療センターの何軒もある大阪なのに・・・・


この手術を始められてすでに10年

今までに202例の手術をされたそうです。

その内、マーやクッキーちゃんの様な頸部・胸部の手術例が14例。


夏には12歳の重症のヨーキーちゃんの頸部・胸部同時手術もされたそうです。

これまでなら断っていたケースだったようですが
手術の技術も日々向上されている事を痛感し、とても嬉しく思いました。

気が付けばあれもこれもと、いろんな事を先生に聞いていました。
何を聞いても優しく説明して下さる先生
こんなに信頼できる先生に出会えた嬉しさと主治医になってもらえない切なさが交差します。

でも心から信頼できる先生に会えた事はやっぱり幸せなんですよね。


そしてすっかり事態が進展し、報告も遅くなってしまった海ちゃん
頸部手術の後に少し体調が懸念されていましたが
その後、数回のレントゲン検査から胸部の虚脱が殆どない事が判明しました。

マーの時も頸部手術の後に、胸部の虚脱が改善する可能性がある
そう伺って期待をしていたのですが
残念なことに胸部手術は回避する事が出来ませんでした。

小さい海ちゃんなので、大きな手術への不安がありましたが
酸素室から出て、すっかり元気に過ごせているそうです。
ママさんはまだまだ心配をされていますが
次の日曜日に退院が決定しました。

私のブログから応援して下さっていたお友達に心から感謝します。
遠い東京で手術をさせ、心配でいたたまれない日々を過ごしたママさん
胸が張り裂ける思いだったでしょう。

小さな体で大きな手術に耐え頑張った海ちゃん

おめでとう音譜

9か月ぶりの再会

先日、携帯に思いもよらぬお電話がありました。

マーの命の恩人・・・米澤先生から
前に11月には大阪で学会があると伺っていました。
20日に大阪に入られるから、マロンに会いたいとの事だったのですが・・・

突然のことで、しかも娘と買い物中
自分でも何をしゃべったのかさえ覚えていない(;´▽`A``
 
それで翌日に改めて先生にメールして日時の確認をするという始末


すぐに関西組のクッキーママチーママに連絡
それからは場所探しが大変
気管虚脱のマーがいて、ドッグカフェなど行ったことがないし


なるべく便利な所で・・・・う~ん(-"-;A
と、ない知恵を絞りようやく場所も決まり


ドキドキの20日がやってきました。
待ち合わせ場所はヨドバシカメラの梅田店前
初めて会うのに何度も会った様な3ママと4ワン(クッキーちゃんとチー&シフォンちゃんとマー)

9か月ぶりに会う米澤先生は、相変わらず優しい笑顔でした。
この先生の笑顔に勇気をもらい、マーを託した時の安堵の気持ち
昨日の事の様によがえってきます。

それなのに火曜日に海ちゃんの大変な手術があり
又、大阪での発表の為の準備で毎晩深夜2.3時だった先生
そんなお疲れの先生なのに、道を間違って30分近くも歩かせてしまいました(><;)

ようやく到着し、着席した途端にフラッシュの嵐
クッキーママとチーママがデジカメを出してパシャパシャ
肝心な時にバックの中にしまい込んでいた私は出すきっかけがなく(ノ◇≦。)


わがまま天使達


あ~クッキーちゃんが横を向いてる上にマーはウインク
チーちゃんは可愛くべーしてますね。





わがまま天使達


今度はクッキーちゃんは下向き~




わがまま天使達

やっと3ワン揃っていいお顔で抱っこしてもらいました音譜

この後には、それぞれの手術までの苦労話
入院中のことや退院時の話
又現在の元気ぶりの嬉しい自慢話等
そして先生の手術のご苦労話

2時間があっと言う間でした。
先生とお話したもっと詳しい内容や海ちゃんの手術のお話しやその後の様子

明日に続きを書きますね。


実は金曜日の帰宅後に我が家の12歳のミーが体調を崩し 
今日(土曜日)、病院に行ったりと掛かり切りになっていました。
昨年の椎間板ヘルニアの辺りがこの寒さと派手な動きで炎症をおこしたようです。
12歳のお転婆さんを安静にさせるのに苦労しておりますA=´、`=)ゞ

わんぱくトリオと秋のとんぼ池公園へ

日曜日の午後遅くに『とんぼ池公園』に行ってきました。


わんぱくトリオは張り切ってました

特に毎日のお散歩にはビビル太郎がすごい笑顔(*^▽^*)


やっぱり山で生まれたDNAってあるのかな・・・

生後すぐに我が家に来たのだけど

そんな事を感じました。



わがまま天使達


いつもは花の後ろに隠れ気味の太郎が真ん前チョキ


みんな目がキラキラと輝いていました。




すっかり秋の風情


わがまま天使達

わがまま天使達

わがまま天使達


池のほとりから、泳ぐ水鳥を観察中の太郎


わがまま天使達


走る!!



わがまま天使達

わがまま天使達



くんくん!!


わがまま天使達

わがまま天使達

ここからは公園でみつけた花の写真です


わがまま天使達

わがまま天使達

わがまま天使達

わがまま天使達

わがまま天使達

わがまま天使達

わがまま天使達

わがまま天使達



綺麗なバラを背景に


わがまま天使達



わんぱくトリオも綺麗な風景を満喫したママも満足の『とんぼ池公園』でした(*^▽^*)


帰る頃にはすっかり夕暮れ


わがまま天使達





 

海ちゃん頸部手術が成功!

みんなに応援してもらっている海ちゃん


さっきママさんからご連絡をいただき、無事に頸部の手術が成功したそうです。


小さい海ちゃんなので、とても心配されていたママさんの声がようやく明るくなっていました。


成功の一報をいただき私も安心して・・・体から力が抜けちゃいました。


詳細は海ちゃんのブログでママさんからご報告があると思います。


心配・応援していただいたお友達に感謝とご報告させていただきます。


海ちゃん頑張ってね!

日曜日の午後に無事に東京に到着した海ちゃん


前もって送ってもらったレントゲンを見られた米澤先生の見解は厳しいものだったそうです。
胸部の虚脱が酷いので、頸部・胸部の同時手術しかないと

マーの場合は、前もって頸部を広げた後に1週間おいて胸部の手術でした。
胸部の虚脱が酷い場合は、頸部を広げただけでは麻酔から覚めないそうです。

同時手術は5・6時間かかり1キロ余りの海ちゃんにはかなりの負担です。
それを心配されて、悩み苦しまれたママさんでしたが
胸部の虚脱が思ったよりも軽かったそうで、2回に分けての手術になるそうです。

何よりも米澤先生が『なんとかしますよ』とおっしゃられたそうです。
あの優しい笑顔から、静かにだけどしっかりと言いきってもらった時の気持ち
私も自分の事の様に思え、胸が熱くなります。


そして沢山のお友達がいらっしゃるママさん
東京に行くことを知った方たちが応援に集まって下さったそうです。

仕事でたびたびの面会の為の上京が困難なママさん
ママさんに代わって、病院の近くに住んでおられるお友達が行って下さるそうです。

離れた東京で手術させる心細さ・・・・
本当にネットで知り合ったお友達の有り難さ
それは私が1番知っています。

沢山の応援と愛情に包まれた海ちゃん
まず頸部の手術が17日に行われるそうです。

その結果と経過により、胸部の手術の日程が決まるようです。

小さな海ちゃんに応援をお願いしますm(_ _ )m









小さな戦士

マロンは今年の1月末と2月2日(9歳のお誕生日)に2度の手術を乗り越えて

6年ぶりに普通に息をして、普通に過ごせる日を取り戻しました。


このカテゴリーを『気管虚脱との戦い』にしたのには訳があります。

「戦い」という漢字は病気の時には「闘い」です。



マロンの手術までの6年間はまさに戦いでした。

どこの病院に行っても、この病気には手術がないと言われ続けました。


目の前で苦しむ姿を見守るだけの日々でした

ようやくネットで探し当てた米澤先生 でしたが・・・・・


大学病院でさえも気管への手術は嫌がって避ける風潮が主流

麻酔に耐えられるはずがないとか

胸まで虚脱(ペッタンコ)が進んでいるから無理だとか

静かな環境でダイエットをして内科的治療で頑張るしかないとか


やはり手術なんて無謀なんだ!と納得せざるを得ない状況でした。


治る見込みのない病気なら諦めもつきました。

実際に癌に冒された子を看取ってきました。


米澤先生の事を知らなければ良かった

そう思った事もありました。


気管以外にはどこも悪くない

だけど興奮をさせると呼吸困難になるので

フィラリアの検査に連れて行くのでさえ必死でした。


春だというのにガンガンにクーラーを効かせた車に乗せ

クールベストを着用させ、抱っこすると私の体温が伝わり暑くなるから

いつもスリングに入れていたものでした。


当時のホームドクターは頭から手術に反対

諦めたり・・・やっぱりこのままでは後悔しないのかと自問自答したり


それが病気の看病をしながらの戦いでした

今も殆どの病院が手術に難色を示します

又、この手術に対して偏見を持っています。


小さく細い気管を触って、上手くいくはずがない

たとえその時はうまくいった様に見えても、

すぐに虚脱が再発するに違いない。


だけどマロンは今日も元気です。

今までの苦しみの月日を取り戻そうとしているかの様に元気です。



わがまま天使達

何度も登場の「退院の日」の米澤先生とマロンです。


この時の気持ちを今も忘れられません。



そして間もなく日付が変る頃

福井からブログ友でミク友の最愛の海(マリン)ちゃん

東京に向かいます。


マロンと同じヨーキーちゃん

1キロ余りの体で何度も呼吸停止を繰り返し


それでもご飯を食べ

一生懸命に生きようと頑張っています。


毎晩、いつ呼吸が止まるかと心配で寝ずの看病をされ

悩み抜いたママさん・・・・心身共に極限だと思います



どうか無事に東京に到着しますように


マロンやクッキーちゃんを応援してくれたお友達に

またこの小さい海ちゃんにも元気玉をお願いしますm(_ _ )m



ひとりごと

先日、ようやく手に入れたカメラ

わがまま天使達

その時のいきさつはコチラ

価格コムとにらめっこの日々を乗り越えての購入だったけれど
この1カ月で最安値が1万円も下がってしまった(´・ω・`)

う~ん・・・・10月の売り上げ、全一眼の7%だったとか
売り上げが伸びると値下がりするのだろうけど・・・複雑(-"-;A

と少々落ち込んでおりました。


が、神様はいた~ビックリマーク(何の神様?)

どうもブラック・レッド・ホワイトと3色展開のこの機種
人気がホワイトに集中し、こちらは今も入荷待ちの状況
中でも人気がなかったのか?ブラックの余剰在庫放出らしい

それで私が手にしたホワイトは最安値のお店でも
購入価格よりも1万余りの高値がついていた。

なにしろセレブとは無縁の私(大阪のおばちゃん)
1円でも安く買う事がステータスの世界に生きておりますから( ̄▽+ ̄*)


そんなおばさんがいい買い物したо(ж>▽<)y ☆と
自負しております最近のお買いものは・・・・

わがまま天使達

わがまま天使達

こちらワンのお散歩用に購入!!

1980円という嬉しい価格('-^*)/
ボアが暖かくて外反母趾気味の私には楽なデザイン

この冬はこれ1足で用が足りそうです。



カメラと同じ日に購入したPC

これは新しいOS搭載が出る直前のお買いものでした。
オマケで、新しいOSバージョンアップが2980円

一昨日に到着ビックリマーク

わがまま天使達


活字が並ぶ説明書を読んでいると疲れてきました(w_-;

せっかちな私ですが・・・・これは又時間をおいてから取り組もう。



先々週、用事があって実家へ

わがまま天使達


わがまま天使達

畳が青い所は、箪笥を取っ払った跡

お盆にお参りに来てくれたお坊さんがびっくりしてたっけ
『こんなに広々と明るい部屋だったのですね』と

私達が近い内に引っ越してくると話せば
『家もご先祖さまも喜ばれます』と言って下さったのだけど

息子の勤め先が大阪市内になったり・・・・
お父さんも年を取ってきて、通勤の事を考えると躊躇が
それで6月にはアパートを借りるよと言っていた娘もだんまり


なによりも1番の要因だった太郎・花
このままだと借家の今の家を破壊する
それが最近では、すっかり聞き分けが良くなってくれて

すぐにも住めるようにガス給湯も設置したのに( ̄ー ̄;
どうなるんだ~!




最後に今日のワンご飯

わがまま天使達

紫のサツマイモ(名前を忘れました)のパスタ

材料
☆紫イモ
☆白菜
☆ホウレンソウ
☆ブロッコリー
☆昆布(だし)
☆すりゴマ
☆パスタ
☆牛ミンチ
☆亜麻仁油

最近、少しお腹をこわしたラッキーや寒さに弱いミルの為に
全てグツグツと加熱しました。

新しいお魚やいいお肉がある時には生ですが
あまりこだわらずに家に有るもの、ワンの様子で色々とあげてます。


なんだかとりとめのないおばさんの「つぶやき」でした。

鹿さんを見る!

いいお天気が続いています晴れ



日曜日も暑いくらいでした。



ダラダラとワン達と庭で遊んだりしながら

突然・・・・・・


お父さんが「奈良公園に行こう」と言いだし

「おっし!」と賛同したものの


なぜ今日は奈良なのか?とほんの少し疑問を抱きつつも

準備をし、出発したのが午後3時過ぎ

いつも無計画な夫婦ですあせる



マーが気管虚脱を患ってからは

お出かけは寒い日と決まっていました


その頃の癖が抜けきらなくて

暑い日は、ついつい夕方にお出かけしてしまいます。



そんなこんなのドタバタで、「奈良公園」に到着したのが5時前。

すっかり夕暮れになっていましたが

丁度よい感じの気温になっていて人もまだ沢山いました。




わがまま天使達


わがまま天使達


わがまま天使達

少し木々も色づいています(*^▽^*)

パピとミルは気持ち良さそうに散策音譜





一方の男子達は


わがまま天使達

ひぇ~汗

居合わせた鹿さんをガン見中!!




ここでも


わがまま天使達

ワナワナと集団でいる鹿さんをガン見目



ここでも・・・マーさんが


わがまま天使達


忘れておりました


マーさんは我が家で唯一のテリア

その昔は、ネズミ採りが仕事の犬種なんですよね~(-。-;)


どうも鹿さんを前にすると血が騒ぐ

1年半前に訪れた時にも興奮状態でした。


その当時は気管虚脱を患っていたから

途中でスリングに入れてママが抱っこしていたっけ・・・(´_`。)



どうぞどうぞ今日は見たいだけ見て下さいね。


わがまま天使達


こうして鹿さん観戦ツアーを堪能した頃には

日もすっかり暮れてきました。


そしてあちらこちらに居る鹿さん達も思い思いの所で眠る準備に入ります。


わがまま天使達

わがまま天使達

こんな近くまで寄っても平気な鹿さん。


たっぷり鹿さんを見学して大満足のマーさんは車の中で爆睡ぐぅぐぅ

今日もやっぱり手術して良かったとしみじみ感じるお出かけになりました。


ただし1点の反省・・・・今度はもっと計画的に「鹿さんツアー」に出かけようあせる


ラッキーもついに

我が家のワン達の中ではすこぶる元気でパワフルなラッキー(*^▽^*)

生後半年に家に来た当初はガリガリでしたが
それ以後は病気知らずの親孝行さん
 
そのラッキーが初めて嘔吐したのが水曜日の朝
かかりつけの病院の休診日


1日様子をみたけれど
お散歩は喜んで行くが少々元気がないような
しかも食欲は戻らないので木曜日に病院へ



その車中でやってくれました(´・ω・`)
家を出て5分、急に「キュウ~ン」と鳴いたかと思ったら
助手席で下痢Pちゃんをあせる


本人(本犬)もパニクったのでしょう
○○の付いた手足で私に抱っこときたから
さぁ~大変ビックリマーク


左手で首輪をつかみ『ラッちゃんお利口だからじっとね』

3車線の端っこから、そのまま右折側まで車線変更叫び
自分でもどんな顔して運転していたか・・・
思い出すだけでも冷や汗汗


とにかく家に帰り車の中の拭き掃除
そしてうんPまみれのラッキーのシャンプー


自分の着替えもそこそこに病院に大急ぎ
病院に到着するや否やに又うんP


それでも診断の結果は「季節の変わり目の胃腸炎」
注射を2本打ってもらい
後は少しずつご飯を食べさせて下さいってことでした。


2日の闘病の後、食欲も
戻りました!!
さすが若者ラッキーだと感心・感心


本日すっかり回復し
すっご~い顔して太郎・花と遊ぶ
ラッキーの変顔ショット


わがまま天使達


わがまま天使達

変顔っていうよりも怖いです( ̄_ ̄ i)




わがまま天使達

歯を立てているようですが、ラッキーは絶対に噛みませんA=´、`=)ゞ




わがまま天使達


わがまま天使達




おっかない顔ばっかりだったので普通の顔したラッちゃんです音譜

わがまま天使達


わがまま天使達



太郎・花が大好きで底抜けに明るいラッキー!!

この元気印さんが病気になると家の中が暗くなります。


そしてこれぞ!ラッキーというラスト1枚にひひ

わがまま天使達


ポーをつけ狙う姿( ´艸`)

太郎・花 ☆ 庭で・・・・

太郎・花お久しぶりですニコニコ



新しいカメラが来る前日に撮ったいつものわんぱくトリオ



わんぱくトリオは我が家のラッキーと太郎・花なんですが・・・・・
性別はラッキーと花が女の子(おなべですが)
そして唯一の男子(おかまですが)が太郎さん


それで気が強いのはもちろん女子達(^▽^;)

まずは庭に出ると

わがまま天使達
なかなかの迫力なんです( ̄ー ̄;

このあとのお二人さん

わがまま天使達

わがまま天使達
見合った後の確認のご挨拶も真剣なまなざし



そしてはじまり~

わがまま天使達
この女の戦いの横には、約1名の部外者が( ´艸`)

わがまま天使達

わがまま天使達


ラッキーと花の対決は延々と続きます。

声もドスのきいた低いおっさんの様な唸り声
休憩タイムは喉が渇いてお水を飲むとき
この時はピタっと止まり一緒に水入れで飲んでいます。


そろそろおしまい!

わがまま天使達
こんな感じでおひらきになります(‐^▽^‐)


太郎・花も1歳と5カ月を過ぎてとても楽になってきました。

1時期は家を壊されるのでは?
そんな心配を真剣にしたくらいの破壊魔もすっかり影をひそめました。

庭でどんなに楽しく遊んでいても「ハウス」で飛んで入ってきます。
ご飯の時にも自らハウスに入りお利口さんに待っていられます。
ご飯の後もこちらが開ける(1・2時間)までぐずぐず言わずにハウスでリラックスしてくれます。

その癖まだまだパピーの様な可愛い仕草も残っていて
相変わらず超甘えん坊の太郎・花です。

聞き分けがよくとってもいい子達に育ってくれました。
赤い糸が結ばれた素敵なご家族に巡り会える日が
いつか来ると信じて頑張ろうね。





該当の記事は見つかりませんでした。