みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

今年も残すところあと1日。

未だにミルの写真も動画も観ることが出来ない日が続いております。
1年前はどうだったかと考えたくない。

だけど日々の生活は普通に送っています。

いつでも入りたい時にお風呂に入れます
テレビの音を小さくしてと家族に注文する必要もないです
ミルに食べさせる為の高い牛肉も冷蔵庫には入っていません
毎日作っていた野菜ポタージュも作る必要がなくなりました
出かけたい時に出かけられます

何よりも今日は食べてくれるだろうか
うんちが出るだろうか
苦しい時間のグズグズが何時間くらいだろうか
気持ち良く眠ることが出来るだろうか

そんな心配をする必要もなくなりました。

こんなに生活が楽になった事と引き換えにあの子がいなくなってしまいました。
あの頃は不便に思った事もあったけれど今の快適な生活がちっとも嬉しくない。

弱虫ママはミルとの闘病にはしっかり向き合えたはずなのに
ミルの死とは向き合えないでいます。

向き合える日が来ることを願って、今は考えないようにしている情けないママです。


005.gif



25日に府大にてMRIを受けたマロン

12月30日IMG_0298-001


心配した下垂体に腫瘍はありませんでした(検査の詳細な記録は後日書く予定です)

その日の血液検査のALPも279と標準値内
今のところ多飲・多尿などの症状は全く出ていない

かかりつけの先生と相談した結果
投薬治療は年明けにゆっくり考えることにしました。




先日から甲状腺ホルモンを服用し始めた太郎

12月29日太郎・花IMG_0285-003

12月29日太郎・花IMG_0284-002


すぐに薬の効果が出てきています。

庭にもあまり出たがらなくなっていた太郎が走り回っています

12月29日太郎・花IMG_0292-004

顔はおっさん顔ですが(笑)

こちらはいつもしっぽブンブンの花

12月29日太郎・花IMG_0282-001



この際、ついでに甲状腺・クッシングの検査をと木曜日に検査入院(半日)に出されたポロン

12月30日IMG_0312-004


ポロンはうちに来た6年前からカイカイ
いずれホルモンの検査が必要だと今までかかったことのある全ての病院で言われてきました。

その結果が年内ギリギリセーフで出ました。
両方ともに異常なしとの結果、穏やかな気持ちで年が越せます。


今月10日、ミルが旅立った翌日に13歳になったパピ

秋の終わりに何年ぶりか覚えていない嘔吐・下痢で通院していました。
その頃はミルがいたので、通院が大変だったことを覚えています。

その後すっかり回復し、今は元気な我が家の最年長さんです。

12月30日IMG_0301-002




そして最後にいつも元気なラッキー

少し気難しいところがあり、ケージイン中なラッキー(笑)

12月30日IMG_0308-003


こんな感じな最近の我が家


1年間もほぼお出かけなしで我慢してきてくれたみんな

私の気持ちがなかなか奮い立たず、恩返しが出来ないでいます。

今度のお出かけ日和にはどこかにお出かけが出来ればと思っています。



今年は沢山の方に応援をしてもらった1年でした。
感謝で胸がいっぱいです。

又来年もよろしくお願いします。








スポンサーサイト

立ち止まってはいられなくて

ミルが旅立って早2週間

もうなのか、まだなのか・・・・・
あんなにも密着した1年を過ごしてきたというのに
遠い昔のように感じたりする時もあります。

未だにミルの闘病中の画像を観る事が出来ないし
あの『ワオンワオン』の動画も観る事が出来ない。

だけどとても大きな存在だったと思い知らされています。

先日、会社から帰宅したお父さん

ミルは独占することが出来るお父さんが大好きでした。
本当は私を独占したいのはよくわかっていましたが
それが不可能だと知っていたので

お父さんが帰宅すると喜び抱っこ抱っことピョンピョン
それは可愛く抱っこ抱っこではなく『抱っこを早くしろ!』

今は帰宅したお父さんにそんな出迎え方をする子はいません。
なにげにミルの眠っていた場所を見ながら
『やっぱりミルは一番存在感があったなぁ』とつぶやいていました。

その言葉に応えるのが苦しくて苦笑いをした私。



そんな切ない日があったり

だけど悲しいかな相変わらず動物病院通いは続いています。
ランキングに参加・不参加は関係なく、登録しているカテゴリー
出来れば闘病のカテゴリーは頑張っているワンちゃんや飼い主さんを見守る側で
そう思っていたのですが、なかなかカテゴリーの変更は出来そうにありません。


来年2月に13歳を迎えるマロン

12月21日IMG_0183-005

3歳から9歳まで【気管虚脱】と闘ってきました。
9歳で手術をする6年間もの長い間。

12月21日IMG_0167-002


マロンはミルの闘病中にクッシングが判明しています。
春くらいからすごい食欲で、夏には長く皮膚炎も治らず

甲状腺機能低下かクッシングを疑い
10月に1時帰国した娘にミルを頼み、検査に行ってきました。

その結果、下垂体腫瘍によるクッシングと判明しました。
知ってらっしゃる方もおられると思いますが
下垂体腫瘍の場合、少数ではあるけれど巨大腫瘍を持っていることがあります。

その場合に内科的治療で投薬を始めてしまうと腫瘍が大きくなってしまいます。
それを避ける為にはまずはMRIで下垂体の様子を調べなければいけないのです。

今は月一の血液検査にてこの病気の特徴であるALPの値(高くなる)を見守っています。

12月21日IMG_0173-004


標準値が60~320のところ
10月が437、11月が513、12月が511と高く推移しています。

ただしマロン自身は快食・快便で元気もあり
夏にあった皮膚炎も1ヵ月の抗生剤治療により完治しています。

怖いのは免疫低下による合併症だと聞いています。

脳腫瘍末期で奇跡の日を積み重ねていたミルを抱えていてはMRIを受けに行けず

マロンには随分と待たせてしまいました。
かかりつけにて予約を取ってもらえたのが25日です。

気管虚脱の術後初の全身麻酔はとても不安があります。
だけど確定してもらわなければ治療も進めていけない
マロンには頑張ってもらいたいです。

12月22日IMG_0187-002


そしてまさかの末っ子太郎

12月21日IMG_0169-003


太郎と花はお山で生まれた姉弟
ビビリなところは仕方がないと思ってきました。

現在4歳の太郎はとにかく小さい時からビビリでシャイ
いつの頃からかあまり動かずに隠居生活のような暮らしぶりに
同じ姉弟でも全く違う性格だと思いこんできました。

太郎も夏くらいから治りにくい湿疹が
シャンプーしても改善せず

マロンと一緒に病院へ
太郎は34キロもある体でビビリ、私一人では連れて行けず
こちらもミルが居ては行けなくて待たせてしまいました。


そこで発覚したのが4歳半の太郎の甲状腺機能低下でした。
殆どがシニアになってからの発症と思われます。
もしかしたら先天的に持っていたのかもしれません。


甲状腺機能低下は病名がわかった時点でずっとホルモンを服用していきます。
ご飯の量を調整しても体重が減らなかったのは、病気のせいだったようです。
何だか覇気がなく、花とは全然違うところも病気からのものだったのかもしれません。


先日から朝夕に1錠ずつ服用を始めました。
これで少しは4歳らしい元気を取り戻してくれればと願っています。


そんなこんなで、なかなかゆっくり立ち止まるわけにはいかない日を送っております。




☆ミルの時にいただいた沢山の応援・励ましのメールとコメントは今も私の宝物です。












可愛いあの子の・・・・

ずっと考えていたこと

逝ったあとに沢山の薬を見たくない
だから1週間分とかせいぜい2週間分の薬を常備してきました。
なのに10日分以上も残っています。

買い足したばかりの点滴セット
結局、1度しか使えずに未だに冷蔵庫に入っています。

ミルに飲ませていたOS1(ポカリ)も殆ど残っています。

眼振を確認した直後に、飲ませようとシリンジに入れて用意した脳圧降下剤

P1180705.jpg

飲ませる機会を逃してしまった。

捨てることもどうすることも出来ずに流し台に置いたまま


つけ置き液の中には最後に飲ませた鎮痛剤用のシリンジ

P1180703.jpg


これもまだそのまま


そして主の居ないベッドも

1212mt1.jpg


片づけることも洗うことも出来ずにそのままに


考えたくないのに

可愛いあの子の忘れ物がいっぱい


目の前からなくしてしまえば、見る事もないのに

やっぱりまだ処分が出来ずにそのまま


だけど目に入ってくると、言いようのない寂しさが襲ってくる。

やっぱり弱虫ママです。






ミルの最期2とご挨拶

今もメールをいただきます。
コメントも本当に沢山いただきました。
ありがとうございます。

1203mtt1.jpg

写真のプリントも出来なくて
急ごしらえの台の上のお供え物もお花も全て送って頂いた物
可愛い物の中で自慢げにしているミルが目に浮かびます。
ミルの為にありがとうございました。


報告として、記録としてもどうしてもミルの最期を記しておきたい
そう思う自分と、ポッカリと記憶が抜けてしまっている自分
おかしな気持ちで日々を過ごしています。

あの時の気持ちや様子はある時には溢れるように湧きあがり
ある時には全く思い出せない。

残しているメモの記録と照らし合わせながら書いておきます。

土曜日遅くに抗けいれん剤を飲ませたミル
相変わらずグズグズは続きました。

日付が変わり0時55分にやむなく鎮痛剤を飲ませ
それでも顔を歪めてワオンワオン

そうしている内に状態の良いウンチをしたのが1時20分
ウンチがしたかったからか、それで機嫌が悪かったのか

だけどその後もぐっすりとは眠れず
私は抱っこしたり降ろしたり

いつもなら牛肉やポタージュをあげるところだけれど
前日から痰が絡み、飲みにくそうにしていたのもあり
ポカリをシリンジでゆっくり飲ませるだけにしておきました。

その内、ミルの右目に酷い眼振が起こっていることに気づきました。
脳腫瘍ではよく聞く症状ですがミルは初めての経験でした。

これはウンチを出す苦しみではなく、腫瘍の影響でのグズリなんだ。

そう感じた私は、朝から病院に連れて行き
今のませている鎮痛剤が効かなくなった場合の最終手段
睡眠をとらせる為の麻酔を打ってもらおうと思いました。

病院が開くのが9時、30分前から受け付けなので
主人に診察券を出して来てもらおう
そう決めた私は少し気持ちが楽になりました。

午前6時に鎮痛剤を飲ませ抱っこしていると
7時過ぎにようやく声も静かになり、眠りにつけたミル

受け付けの時間までにはまだ時間がある
そう思い、ミルの横でちょっとだけちょっとだけ眠ろう

私が眠りについたのは8時過ぎだったと思います。
その時にミルが又グズグズとワオンワオン鳴き始め
起きなきゃと思いながら睡魔に襲われ

ハッと気がついたのが9時前
すぐに横で眠るミルを確認、いつもの顔で眠っています。

そして寝たきりになってから、ミルの生存を確認する為にやっていた
ミルの目にふっと息を吹きかける、いつもならピクッと瞼を動かすはずが
全く動かないミルの瞼

すぐに体を触ったら、いつもの体温、いつもの体の状態
ただ眠っているだけのように見えるミルでした
心臓の辺りを優しくさすり、何とか戻そうとしましたが駄目でした。

1年間、ミル一筋に引きこもり生活を送ってきたのは
最期に私の胸の中で逝かせたい。
それだけが長い闘病生活を支えてくれた目標でした。

そのたった一つの願いが1時間のうたた寝で叶いませんでした。
1人で逝かせてしまいました。

ミルの寝顔は穏やかで、今にも起きてきそうで

夜中にウンチもしていましたから最期まで胃も腸も正常に働いていました。
だから亡くなった後もお尻の方はずっと綺麗なままでした。

1年前に言われた、呼吸に影響を及ぼした時が最期です。
その言葉通りミルの呼吸が止まってしまいました。
他のどの臓器が丈夫であってもミルの命を奪ってしまう。

最期にどんな苦しい時間があったのだろうか?
逝ってしまう直前はどんな表情だったのだろうか?

考えれば考えるほど胸が痛く
その事実に向き合うのが辛く・・・・思考を停止してしまっています。


もしもミルがその日をその時間を選んだとすれば
大好きだったお父さんがお休みの日。

9時前に亡くなったばかりでしたが
先代の子達もお世話になった葬儀屋さんに電話を入れると
午後3時に空きがありました。

オーストラリアに居るお姉ちゃん以外の家族に
大好きなお父さんに見守られてミルはその日の内に小さくなりました。

今もミルの最期の瞬間を想像すると身を切られる想いです。
それを受け入れるのが辛く、今はその気持ちに蓋をしてしまっている状況です。
ですが、うちには他にもワンコがいます。
その子達も私がお世話をしなければ生きていけません。
今まで我慢してもらった分の恩返しもしなければいけないと思っています。


会った事もない私達に沢山の元気玉を送って下さった皆さん。
本当にありがとうございました。

長い闘病生活を沢山の方に支えてもらいやってこれました。

ブログは我が家のワンコ全員の記録なので続けますが
ランキングからは離れてゆっくりやって行こうと思います。

こんな拙いブログに足を運んで下さり感謝しています。
長い文章を読んで下さってありがとうございました。

今まさに闘病生活を送られているワンちゃんと飼い主さんに穏やかな日が続きます様に

今度は応援させてもらいます。


ありがとうございました。














ミルの最期1とお礼

ミルへの暖かいコメントありがとうございます。
こんなに多くの方からお言葉をいただけるとは考えてもいませんでした。

又コメントに加えメールやtwitter・FBにも優しい言葉をいただきました。
そして大切なご自身のブログにミルの事をアップして下さった方々
個別にお返事・お礼が出来なくて申し訳ございません。

何度も時間の許す限り読み返し涙しています。

元々マメな人間ではないので、夏前にはコメント欄も閉じ
いただくメールにも満足にお返事が出来ませんでした。

沢山の方と交流を深める努力を全くしてこなかった拙いブログです。
それなのに優しい言葉をこんなにいただき驚きと共に感謝しています。
本当にありがとうございました。


私は今はまだ気持ちの揺れが大きく、ミルが居なくなってしまったこと
覚悟は出来ていたはずなのに・・・・
なかなか受け入れることが出来ず、しかも他の子達のご飯作りまで苦痛です。


ただ記憶があいまいになってしまう前に、ミルの最期を記録しておきたい
そう思いつつも感情の波にのまれてしまっている現状です。

思い返せば、1年前にミルがVRセンターにて確定診断された時
センターの先生に脳幹に出来た脳腫瘍の経過を伺いました。
個々に症状は違うけれど呼吸に影響を及ぼした時が最期であるという事でした。



あの日の前日

土曜日のお昼前には牛肉をパクパク食べていたミル
食べたあとに予定通りの鎮痛剤を飲ませました。

午後3時半くらいに目覚めたミルに予定通りの脳圧降下剤を飲ませ
午後4時にはこれも予定通りにステロイドを飲ませました。

その後はガスの点検があり、バタバタしてしまい
グズグズしているミルを抱っこしたり降ろしたり

夕方6時くらいにミルを主人に任せ

私は病院へ追加の点滴セットを購入に走りました。

午後8時50分に点滴をした後もいつもなら静かに眠るはずがグズグズが続き
午後9時25分に鎮痛剤を飲ませてみてもワオンワオンのグズリが治まらず

舌の色がいつもより悪い事と痰が少し絡んでいる気はしましたが
今までもそんな事が度々あったので、たいして気にはしていませんでした。

それでもグズグズが治まらないミル
家族が順番に抱っこしていたことを覚えています。

午後11時40分には予定通りの抗けいれん薬を飲ませ

だけどミルのグズグズは一向に治まらずに続きました。



ごめんなさい、続きは又後日に書きますね。





にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ












ありがとうございました。

沢山の方に応援していただき感謝しています。

本日、午前9時前にミルは虹の橋を渡りました。


1209m1.jpg


亡くなる3時間前に撮ったミル

これが生きているミルの最後の写真になってしまいました。


長い間、励ましていただきありがとうございました。

メールへのお返事も差し上げられていない状態で申し訳ございませんが
コメント欄にミルへ一言いただけたら嬉しいです。

取り急ぎのご報告をさせていただきます。





にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

嵐の前?後?

ご心配をおかけしました。

沢山の応援のメールをいただきました。
いつもメールを下さる方、初めましての方・・・
それにすでに可愛い我が子を看取られた方からの励ましの言葉

本当にありがとうございました。



あの日以来、静かな日を過ごしているミルです。

正直なところ確たる決意があったわけではないですが
思わず病院に連れて行った心の片隅に
「もう眠らせてあげたい」という気持ちがなかったと言えば嘘になります。

もちろん家族と話し合ってもいない、衝動的に近い気持ちでした。
そんな私の気持ちがわかったのだと思います。

先生はミルの体調が落ち着いている。
グズグズ鳴いていてもミルの声は小さい。
大きな子だと近所中に響き渡り大変な子もいる。

ことさら強調されていたように感じました。
先生の言葉で私なんかまだまだ苦労していないんだ
そう思えることが出来ました。

魔のウンチタイムが通り過ぎたあとは嵐の前?後?かはわかりませんが
また静かで落ち着いた日が戻ってきました

食事内容も少し変えてみました。

植物繊維やビタミン等々がたっぷりの野菜ポタージュ
そして水分補給に飲ませていたポカリ
どちらも目覚めるたびに優先して口に入れてきました。

点滴で水分も入れていることだし
少し量を少なくしてみることにしました。
ウンチの量が明らかに今のミルに対して多すぎるからです。

一口でも体に良いものを食べさせたいという一心でやってきたこと
それが今のミルの体にとっては負担だったのではないかと考えました。

牛肉は昆布だししゃぶしゃぶを焼肉サイズで3・4枚は食べてくれます
こちらはそのまま欲しがるだけあげるようにしています。


ずいぶん慣れて点滴中のミルの写真を撮れる余裕が出来ました。

1206P1180662-003.jpg


背中に大きなコブのミルたん


余裕ついでに、半額の完熟バナナ

1206P1180656-001.jpg


ワンコケーキの出来上がり

1206P1180660-002.jpg


材料はバナナ・小麦粉・お砂糖(少々)・ベーキングパウダー・卵・「太白ごま油」
全部を混ぜ混ぜして180度のオーブンで40分

ボールの中で材料をコネコネしている頃から皆さん大騒ぎ(笑)

1207mp1.jpg


食いしん坊なマロンの無言の要求・・・・
気持ち良く眠っているポロンの邪魔をして私に圧力かけているの図

だけどポロンはどんな状況下でも爆睡できるので
全く気にしていないの図ともいう(笑)



次の嵐がきても動じず頑張れそうです。





にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ




自分に負けそうになる

点滴について沢山の方にご心配をおかけしたみたいです

1回目の日曜日は、なかなかミルの背中に思い切って針を刺せず
刺せたかどうかの確認をするのも怖く、見切り発車で点滴を落としたら
見事にミルの背中が水浸しになってしまいました

そして2回目の月曜日は、迷いもなく刺すことができました。


点滴はクリア出来ましたが
再び1日に服用する鎮痛剤が4回にも及ぶ日々を送るミルです。

ミルに栄養をつけさせたい、好きな物を食べさせたい。
闘病が始まってからの思いの全てと言っても過言ではないです。

嘔吐・下痢で苦しんだ胃腸炎も乗り越えたミル
その後は毎日の皮下点滴とステロイドの注射で穏やかに過ごしてこれました。

驚異的な生命力で牛肉もパクパク、野菜ポタージュもゴクゴク
自分の意思で食べてくれるミル

ところがその食べ物がミルを苦しめる結果になり、鎮痛剤が4回の毎日になっています。

寝たきりになってしまった今のミルが自由に動かせるのは口と僅かに頭をもたげられるだけ
そんなミルが食べた物を消化し、ウンチとして出す事はとても労力のいること
有難いことに胃腸は健康そのものなので、やせ衰えた小さな体に似合わず立派なウンチ

そんなウンチを動けない寝たきりの体で出すのには
長い時間とありったけの力を使わなければいけません。

おおよそ2日くらいはかかります。

腸を通る時に痛いのか?
苦しいのか?
満足にいきむことが出来ないミルにとっては大きな苦痛

嘔吐もなく、食べられることに感謝しなければいけないのはわかっています。
だけどその為にミルは2日も苦しみます。

起きている時間は、ずっと泣きわめく
声がかすれるくらいに

抱っこしてもベッドに寝かせてもそれは止みません。

本当は脳腫瘍の発作に怯えることなく過ごせていることにも感謝なのに
ミルが楽でいられるのは眠った時だけ、起きれば大きな苦痛に襲われる
何の為にミルは生きているのか

一日中響き渡るミルの声にどうしてあげることも出来ず
早く眠れます様にと祈るだけ

火曜日は薬を貰いに行くだけの予定でしたが
急遽ミルを連れて診察に行って来ました。

心臓の音も肺の音も安定し、皮下点滴も綺麗に吸収され体重も増減なし
先生からは今のところとても落ち着いていると診断されました。

ミルは生きることに何の疑問も持たずに一生懸命

弱虫は私だけ

ミルが可哀相なのか、苦痛に耐えるミルを見守るのが辛いのか

何度も自分に問いかけるけれど、自己嫌悪に陥るだけ


1203m1.jpg


この寝顔を見ている時が一番の幸せ、そして出来ればいつまでも見ていたいのに


自分に負けそうな、そんな自分がとても嫌だと思いながら過ごした火曜日でした。




いつも応援のメールをありがとうございます。
弱った気持ちを元気にさせてもらい、又頑張ろうという気になれます。
本当に感謝しています。






にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ












いよいよ

気がつけば12月
今もミルと過ごせていることに驚きと感謝の日々です。


相変わらず毎日点滴に通っています。



1130m1.jpg


もう昨日になりますが、病院で先生の見守る中

『難しいだろう』と言われたミルの背中に初めて点滴の針を刺しました。


tenteki.jpg


点滴セットも購入してきました。

そうです、いよいよ今日から家で点滴を開始します。


12m1.jpg


自他共に認める不器用な私

ドキドキだけど頑張ります!



ミルの看護が始まり1年、ほぼひきこもり生活だったのに
毎日の通院でもらってきたのか?

先日からの鼻水と咳の風邪がようやく完治して喜んでいたら
今度は胃腸にくる風邪引きになってしまいました。

家でゴロゴロしているだけなのに情けないです


そんな訳で今日はプチ更新をさせていただきます。



いつもお返事をしないでごめんなさい。
応援のメールや足跡を本当にありがとうございます。





にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。