みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

13歳と7ヶ月の君と過ごせる幸せ

13歳と7ヶ月のマロンは3歳の頃に気管虚脱が発覚しました。

その当時の我が家では末っ子わんこだったマロン

思い返せば小さい頃から誰よりも暑さに弱く
しわがれた声で吠えていたと発覚したあとに気付きました。

その頃のかかりつけ医では、この病気には内科的治療しかなく
まして小型犬には外科的処置は不可能だと説明されたことを覚えています。

3歳という若さですから、他に内科的な疾患もなく
その若さゆえに小さなことで興奮したり、走ったり、おもちゃで遊んだり

当たり前のことが呼吸困難の発作を誘引する為
我が家からおもちゃもおやつの時間も消えた時でした。

そんな風に気をつけていても些細なこと
例えば宅急便のピンポーンや私が出かける準備をしていると
吠えから呼吸困難に・・・・お留守番を察知して呼吸困難に

何度も救急病院に駆け込みました。

かかりつけ医から出されるのはステロイドだけ
発覚した時にはすでに重度だったマロンには全く効果がありません。

そんな八方塞がりな中、自分で調べて行き着いたのが東京のアトム動物病院の米澤先生でした。

行き着いたのは良いのですが
果たして大阪から東京までの遠距離の移動に耐えられるかの不安
そして同居犬達が難しい病で闘病中だという事情があり踏み切れず

葛藤の日々は流れ、病気の発覚から6年が過ぎた頃(アトムを知って4年)
それまでは寒い時期は呼吸も安定しお出かけやお散歩も出来ていました。
だけどその年は冬になっても呼吸が荒く
眠っていても響き渡るガーガー

kkj5.jpg


8歳のマロンは酸素をうまく取り込めず
目にも力がなく、肌も鼻の頭にも潤いがありません。


いよいよ限界だと感じた2009年の年明けに米澤先生にメールを送りました。
優しく丁寧なお返事をいただき私の気持ちは手術へと大きく傾きました。

先生が実行されている手術法は大阪では認知が低く
同じ手法で手術が出来る病院も先生もおられません(2009年当時)
その時のかかりつけにはこんなに酷くなったマロンでは無理だろうと
やんわりしかし断定し手術を否定され続けていました。

その後、電話で米澤先生とお話しをさせてもらい
私の気持ちは決まりました。

かかりつけには話さず、
気管支まで虚脱が及んでいる場合は手術不適合の可能性を含みながら
マロンの身一つを抱えて東京に向かったのが25日未明
東京には早朝に到着

そして米澤先生による問診と手術が可能かを決める大事な検査
6年間の苦しい日々が胸に蘇り
先生の顔を見ただけで涙がこぼれそうになりました。

『ようやくマロンの苦しみをわかってくれる先生に会えた』

検査結果は喉の部分(頸部)から肺の入口近く(胸部)までの重度な虚脱が認められるも
幸いな事に気管支までは及んでいないことが判明、手術の適合を知らされました。

米澤先生にマロンを託し、それはもしもの事があっても後悔しないという強い気持ちと
その年の夏は迎えられないだろうという確信に似た覚悟のもと

翌26日の頸部手術を終えたマロン

kkj2.jpg


1週間後の2月2日、マロンの9歳のお誕生日に行われた胸部手術を終えた翌日

kkj1.jpg


手術・入院中は東京在住のらぶぱぱさんには何度も面会に行っていただき
マロンの様子を大阪にいながら画像や動画で見させてもらえ

胸部手術は頸部とは比較にならない大きな手術なので
大阪から面会に向かった私に同行してくれたらぶぱぱさんやあんちゃん

同じ手術をした先輩わんこのチーちゃんママはじめ手術のお仲間からのエール

マロンの手術には沢山の愛と元気玉をいただきました。

なによりもマロンに新しい命を吹き込んで下さった米澤先生

kkj3.jpg

退院の日の記念ツーショット


あれから4年
本来であればすでにこの世にはいなかったであろうマロン
13歳と7ヶ月になったマロン

250916bIMG_4218.jpg

250916bIMG_4215.jpg

250916bIMG_4211.jpg


こんなに元気で可愛いマロンはまだ私の目の前に

250916bIMG_4242.jpg



命の恩人でもある米澤先生
先生が孤軍奮闘され研究し続けてこられた気管虚脱の治療
その研究が認められ博士号をとられたと連絡をいただきました。

明日、同じ手術仲間のクッキーママと一緒に米澤先生にお祝いと感謝を伝えたくて東京に行ってきます。

お会いする前にもう一度

13歳と7ヶ月になったマロンに会わせてもらえて幸せです



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ



9回目のミルの日

9月9日は9回目のミルたんの日

あの日は寒い日でした
冷たくなったミルたんを胸に抱き
霊園に向かう車の窓から見た空からはみぞれが降っていました。


9回目の今日の空

mi1.jpg


淡いみずいろの空をミルたんが走り回っているようで





スキップしているみたいな可愛いミルたんが見えたよ



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


該当の記事は見つかりませんでした。