みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

ポーちゃんシャンプー事情

今月の総決算ということでポーちゃんシャンプー


20140131-001.jpg


放心状態なポー

ポーはタオルドライなのでシャンプーが終わっても
ここからが長いのです(^^;)


体の中からはプラセンタ

外側からのケアとして
今回はワンコ用の手作り石鹸を使ってみました。


IMG_6030.jpg

原材料☆ピュアオリーブオイル・ココナッツオイル・ホワイトパームオイルスイートアーモンドオイル・水水酸化ナトリウム

敏感肌用なので無香料です。


マラセブシャンプーのあとは私の手荒れもひどいですが
こちらだと全く問題なしです。


この一部始終を眺めていたギャラリーの反応は

20140131-002.jpg


パピさん思わず目をつぶって寝たふりの予定でしたが
間に合わずに半目(笑)

いつもうるさい男・・・マロンはというと

20140131-003.jpg


これも寝たふりで騙せたつもりが目がしっかり開いとりました( ̄▽ ̄)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

愛おしい午後

雨上がりの午後

260130s1.jpg



お腹いっぱい寝落ち中なポー

20140130-006.jpg



こちらも夢の中

20140130-014.jpg


お姉ちゃんのベッドでくつろぎ中のラッちゃん

20140130-003.jpg

20140130-004.jpg



カメラ嫌い!な花

20140130-009h.jpg


お耳カキカキ

20140130-008a.jpg

うしろの引き戸のボロボロは私達がパピーの時にしちゃった事は内緒


大きな体をしてって言われるけど俺はぬいぐるみが大好きなんだ。な太郎

20140130-007.jpg



パピさん14歳はお手入れ中

20140130-012.jpg

20140130-013.jpg


カメラに気づいておすまし顔に(笑)

20140130-015.jpg



最後にうるさい男の視線が・・・・

20140130-016b.jpg


眠っていたはずのマロンがモデル料を要求中



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


ポーちゃん毛が生えてきた!?

年とともに免疫力も落ちてきます

ポーもここ1・2年は眉毛みたいな脱毛が

poronhage.jpg


クッシング騒動もあったので

全く投薬はせずに手作り酵素やキノコ氷・手作りご飯
あとはシャンプーなどで急がず慌てずでやっています。

そんなポーちゃんに年明けから取り入れたもの

IMG_5923.jpg


友人オススメの人・わんこ兼用のプラセンタ

マロンは生粋のクッシング
クッシングになると体の中でのコラーゲン生成が阻害されるそうです。

少々値が張りますが(私にとって)
みんなの健康の為にと導入いたしました(^^;)

その結果

poronhage2.jpg


あれれ・・・


くっきりと眉毛状に脱毛していた境目がなくなっています。

ほっこり中の今日のポー

20140128-001.jpg


20140128-002.jpg


想像以上の効果に嬉しいびっくり(゚o゚;

本当にプラセンタが必要なのは私ではないかと・・・・思いつつ

勿体無いからやっぱり使えないかーちゃんです



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

天に向かっているような

1月9日は13回目のミルたんの日でした。


IMG_5728.jpg



遅くなってごめんね

いつだって忘れたことないよ


年末にブロ友のちゃたさんからいただいた可愛いミルたんのデコがまた一つ加わって賑やかになっています


IMG_5592.jpg


いただいたデコに似ているミルたんの画像を探してみました

20051105miru.jpg


赤いバンダナと赤いリボンがそっくりでしょう(*^_^*)

まだ8歳のミルたん若いなぁ


今はこの頃みたいな元気な体に戻って

まるで天に向かっているような日差しの中を走っているのかな?

260123sora.jpg


お母さんはそんな姿をもう一度みてみたいです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

14歳パピの歯石除去

先月10日でめでたく14歳を迎えたパピ

パピIMG_5928-20140126


パピに関しては慌てて病院に駆け込んだ(ラッキー襲撃以外で)
そんな記憶がほとんどありません。

足腰も丈夫ですし、嘔吐や下痢もあまり経験がない

ただ一つ気になっていたのが食事事情の変化
硬い物でも何でも誰よりも早く完食していたパピ
速度が遅くなり、物によっては少量だけど残したりする

これは脳腫瘍のミルが癲癇発作を起こす3ヶ月くらい前の状態に似ている

年齢で片付けるには小型犬の14歳は大型犬の子に比べれば
まだまだそんなシニアじゃないです。

さまざまな要因を考えて歯石除去と健康診断を21日にしてもらいました。

実はミルは歯石が溜まりやすく
マルチーズによく発症する心臓病などの予防も兼ね
12歳の歯石除去のおりに悪い歯はもちろん悪くなりそうな歯も全部抜いてもらっていました。

それで残ったのは下の犬歯が2本だけでした
例え2本しか残っていなくても気に入らない事があると
よくお父さんに八つ当たりで噛んでまして、かなり痛かったそうです(笑)

抜いてしまうのが正しいことなのかどうかはわかりませんが
お陰で歯肉炎になることもなく最後まで口臭もなく
脳腫瘍の看護が始まった時にミルに関しては良い決断だったと思ったものです。

パピにも今回が最後になる可能性が大きいので
ミルの時と同じ様にお願いしていたのですが

結果はパピさんの歯はかなり頑丈で抜いてもらったのは3本でした

IMG_5925.jpg


はい(^-^)/
綺麗になったパピ

IMG_5910.jpg


まだ処置の影響で少し歯茎は腫れていますが
歯石除去の夜に先生からは
『口の中はかなり痛いはずだから晩御飯を食べなくても心配ないです』
そう言われておりましたが

野菜のペーストを少し柔らかめにし
いつもならかなり大きく切って食べる茹で鶏のムネ肉をブレンダーでこちらもペースト状に

パピさん嫌がることなく完食でした

血液検査の結果ですが、
パピは昨年夏の検査時にもBUN(尿素窒素)が40(正常値9.0~32.0)と少し高く
今回は更に47.7と上がっていました。

それ以外の検査値は全て正常値
その上にこれだけ歯肉炎を起こしていたならBUNが上がっていた可能性が大きい
腎臓に関してはあまり心配はないと思われるがと先生(初期の段階らしい)
ただしエコーを見る限り左右ある内の左の腎臓がほんの少し小さくなっているそうです。
これからは腎臓関連の値をマメに観察する方向になりました。


パピIMG_5927-20140126


ひとまず14歳のパピさんの歯はピッカピッカになりました。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


マロンのCT検査結果と目の血腫

いただいた優しいメールへのお返事が遅くなっています
ごめんなさい、少し待って下さいね。


華やかなクリスマスムードいっぱいのクリスマスイヴのマロンのCT検査

ポロンのクッシング騒動が収束した後に行った
クッシングマロンのエコー検査により肝臓の小さな肥大が発見されたことへの精密検査です。

検査はかかりつけにてしていただきました。

画像分析はいつも出されているセンターと
ポロンがお世話になった府大の外科の先生にお願いしていました。

その結果を年末ギリギリに伺いに行きました。

結論はセンターも府大の先生も同じ

完璧に確定するには病理組織検査が必要
ただし肝臓へのこのアプローチにはかなりのリスクがあり
今回の画像や状態からはそれを選択することは良しとしない

そんな悪い物ではないだろうという結果に落ち着きました。
おまけに胆泥だと考えていた胆嚢には小さな石が4個見つかりましたが
今のところウルソを続けて服用で良いだろうということです


CT検査では前から気になっていた気管虚脱の術後5年のマロンの気管の状態の確認もお願いしていました。

検査には20秒近く心臓を止める必要があり時間が勝負だそうで、
出来る範囲で頸部あたりまでの撮影して下さったそうです。

長年、上下くっついてペッタンコになっていた頸部気管は
形は少しいびつだけど虚脱は確認されずこれはとっても嬉しかったです。

米澤先生マロンの気管は健在ですよ!と思わず叫びそうでした


ここからは少し状況が変わります

電話で担当の先生からは画像分析の結果をうかがっていたのに年末にわざわざ来院したのか

それは老眼の私が気づかなかった目に出来た血の塊
息子に指摘されて思わず病院に駆けつけたのです。

maronの目maronの目IMG_5586-001-001 

この検査も兼ねて、眼科専門の院長先生に診察していただく為でした。

検査では奥深くに何もなく毛細血管が切れたのではないか
様子見してみましょう、という結果になりましたが

院長先生曰く教科書では見た事はあるが、
実際に目にしたのは初めてだから場合によってはご自分の師匠がいる箕面にある北摂夜間病院
そちらに紹介するから行ってほしい、とのことでした。

年が明け目を気にすることもなく相変わらず元気に過ごすマロン
そんな日の中で血腫が大きくなっていることが気になり
17日に再び院長先生の診察を受けに病院に向かうことになりました。

maronの目maronの目260117-002-004


今回は年明けにようやく発売されたステロップという点眼薬を出してもらい
箕面の病院に出かけるなら渋滞が少しは緩和される日曜日に診察の予約を取る為に
24日まで経過を見守る事になりました。

点眼を始めてからの経過画像です。

maronの目maronの目260118-003-005

maronの目maronの目260119me-004-006

maronの目maronの目IMG_5863-005-002

maronの目maronの目IMG_5874-006-003


IMG_5879.jpg


maronの目maronの目260123m1-007-007


少しずつの変化なのでわかりづらいながらも確実に小さくなり
血腫の真ん中にあった肉芽状の膨らみが完全に無くなっていました。

ステロップの点眼も日に2回から1回でいいでしょう、との診断になりました。

そんなマロンは帰宅後に疲れがでたのか爆睡

260124m1.jpg


小さな小さな毛が1本、血腫のあたりにありました。

それは拡大鏡で院長先生に抜いてもらえましたが
そんな小さな細い毛の刺激でこんな状態になったのは
やはりクッシングの影響により
血管がもろくなっている可能性が大きいと先生もおしゃっていました。

見た目は健康そうでも様々な所に出てくるのだと改めて感じました。

1日でも長く快適に過ごしてもらいたい心から願います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


春がちょこっと顔を出していたよ

日曜日の午後に公園に行ったら

003-20140119.jpg

002-20140119.jpg



まだ咲いていないと思っていたのに沢山ある梅の木の中で1本
可愛いお花が咲いていました


その横の白梅の蕾もぷっくり

001-20140119.jpg


まったりシニアと

マロンの金髪の毛が輝いているようで

005-20140119.jpg


カメラを向けるともれなくカメラ目線をくれるポー

006-20140119.jpg

009-20140119.jpg


耳が聞こえないパピはなかなかカメラ目線が合わない(^^;

014-20140119p.jpg


隠れんぼ中のマロン

012-20140119.jpg



こちらは明治時代に建てられた尋常小学校校舎
公園内に移築保存されています。

015-20140119.jpg


私が小学校時代にはすでにコンクリート建ての校舎だったのにとても懐かしい気持ちになるの


さぁそろそろ帰ろうか

016-20140119.jpg


シニア達と交代で再び太郎・花と

017-20140119.jpg


ほんの少しの時間でずいぶん薄暗くなった公園

018-20140119.jpg

019-20140119.jpg


撮影を諦めて思いっ切り走ってきたよ


007-20140119.jpg


来週の梅の花が楽しみだな



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

ラッちゃん事情

ブログ登場率が極端に低いラッキー


うちのわんこ達の中で唯一お散歩チッコのラッキー
天気に関係なく日に2度のお散歩は欠かせません。


6年前に我が家に来たのは生後7ヶ月頃
その時にはすっかりお外でチッチが身についていて
幾度かのトライをするも断念しました。

そのラッキーさん

20140107-001.jpg


人に対してはすごぶる可愛い性格
甘えてすぐにゴロンとお腹を出して『撫ぜて~』

しいて言えば毛が抜けること以外に文句の付けようがない程の性格
うちに来るまでに虐待を受けていたので少々時間がかかりましたが

ただ対犬になった場合はちとややこしい奴
うちに来た頃にもっと上手に溶け込ませれば良かったのだけど

ラッキーが我が家に来た直後に予想だにしなかった
へその緒がついたままの太郎達兄弟4頭の預かりが始まり
その頃は気管虚脱の発作が最盛期だったマロンも抱え

駄目飼い主の私の力不足でした。

そしてラッキーはビビリ・ガウガウ犬のパピとどうしても相性が悪い

20140107-002.jpg


ちょっとしたきっかけで昨年の11月末にパピを襲ってしまいました。

パピへの襲撃は2・3度目
馬乗りになり首に牙が刺さってしまい
あまりの恐怖にパピは脱糞していました。

いつの場合も私が居たので大事に至らずに済んでいます。
この時は目から血が出ていたので病院に走りました(傷は大したことなかったです)

ラッキーと同じ空間にパピを置いておくのはあまりに可哀想
ハウスから出てこないパピ

すでに14歳という高齢で今まで大病もせずに孝行してきてくれたパピ
ミルの看病に必死で、看取った後に初めて気がついた
パピは耳がまったく聞こえなくなっていたのです。

その時の切ない申し訳ない気持ちは今も忘れられません。

そういう訳でラッキーはオーストラリア滞在中の娘の部屋に居ます。
お姉ちゃんの会社の看板犬から我が家にやって来たラッキー

お姉ちゃんのベッドでコロコロしながら快適に過ごし
夜は大好きなお父さんと一緒にネンネしております。

パピさんですが、犬が変わった様に陽気に本来の明るさが数年ぶりに戻ってきました。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

今年もよろしく

今更ですが

年末・年始を挟むとブログさぼり癖がある私です。

今月中に新年のご挨拶をさせてもらわなければ・・・・


2年前の年明けはミルの脳腫瘍が確定直後
癲癇発作がいつ起こるかとハラハラ

一昨年末はミルたんが天使になってしまい
直後に太郎の甲状腺機能低下が発覚と同時にマロンのクッシングも確定
投薬をはじめるも年明けから春にかけて体調不良に陥り、太郎のアジソンが確定

ミルたんをお空に返した悲しみに浸る間もなくのハラハラ続き

今年はこもごも小さい事はありますが
ひとまずハラハラを感じることなく過ごせました。


ぐ~んとさかのぼり我が家のお正月

年明けと同時に太郎・花と出かけたいつもの公園の横にある神社

20140101-001.jpg


20140101-002.jpg


こちらはその夜に出かけた同じ神社

20140101-004.jpg


20140101-003.jpg


翌2日は夕方まで家でゴロゴロ

20140102-002.jpg


20140102-003.jpg


夜にシニアのお散歩がてら近所のSAのドッグランへ

プチ旅行気分でお父さんと買い物と食事をしてきました。

20140102-005.jpg


3日は地元和歌山へお墓参り

その帰りにお付き合いのシニア3ワンと片男波へ


2601036.jpg



釣り好きお父さんは海をガン見中(^_^;)

2601037.jpg


260103p3.jpg


260103p1.jpg


対岸に見えるのはマリーナシティ

260103p4.jpg


夕暮れは早くほんの数分で

2601035.jpg


と、こんなまったりなお正月を過ごしました。

これからはマメに更新していこう。と年の始めの決意をしました。
すでに月末間近ですが(^_^;)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

該当の記事は見つかりませんでした。