みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

まさかの展開に・・・・

前回のタイトルにまで入れたエコー検査
このエコー検査によりポーの右副腎肥大が判明し
ホルモン検査によりクッシングが確定されたわけですが

その結果を持ってセカンドそしてサードとなる大学病院まで行きました。

ほぼ副腎腫瘍クッシングが確定の流れで話しは進んでゆき
最後に確認の為に行った高用量デキサメサゾン抑制試験

そうなんです
ここでまさかの下垂体性クッシングであることが確定しました


251129p2.jpg



エコーからうかがえた通常ならば萎縮しているはずの左副腎の正常な形そして大きさ
その訳がわかったような気がします。

クッシング症候群の内のおよそ8~9割が下垂体性クッシング
そんな中でもセカンドでは2年で4頭のシーズーの副腎摘出があり
その事に先生は『シーズーには副腎に遺伝的なものか、障害や奇形が多い気がする』

この言葉が頭に何度も響きます。

下垂体性クッシングと判明したからには次にくるのがMRI検査

1年前にミルを看取った後に眠れないくらいに心配したマロンの下垂体性クッシング
というのも確率は低いものの下垂体に巨大腺腫が出来ている可能性があり
MRIで検査した時点ではわからなくても投薬したことで大きくなってしまう怖れがあるのです。
あの悪夢がまた1年経ってやってきた・・・そんな気持ちです(;_;)

予定ならば来月9日に手術の予定でした
ミルたんの1周忌にポーの手術を組むのはどうだろうか
だけど年末で先生の予定もある、するならなるべく早い方がいいに決まっている

お空からアタチの日はアタチが主役ですよ

2011726m.jpg


ミルたんの声が聞こえてくるようです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


該当の記事は見つかりませんでした。