みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

ラッちゃん事情

ブログ登場率が極端に低いラッキー


うちのわんこ達の中で唯一お散歩チッコのラッキー
天気に関係なく日に2度のお散歩は欠かせません。


6年前に我が家に来たのは生後7ヶ月頃
その時にはすっかりお外でチッチが身についていて
幾度かのトライをするも断念しました。

そのラッキーさん

20140107-001.jpg


人に対してはすごぶる可愛い性格
甘えてすぐにゴロンとお腹を出して『撫ぜて~』

しいて言えば毛が抜けること以外に文句の付けようがない程の性格
うちに来るまでに虐待を受けていたので少々時間がかかりましたが

ただ対犬になった場合はちとややこしい奴
うちに来た頃にもっと上手に溶け込ませれば良かったのだけど

ラッキーが我が家に来た直後に予想だにしなかった
へその緒がついたままの太郎達兄弟4頭の預かりが始まり
その頃は気管虚脱の発作が最盛期だったマロンも抱え

駄目飼い主の私の力不足でした。

そしてラッキーはビビリ・ガウガウ犬のパピとどうしても相性が悪い

20140107-002.jpg


ちょっとしたきっかけで昨年の11月末にパピを襲ってしまいました。

パピへの襲撃は2・3度目
馬乗りになり首に牙が刺さってしまい
あまりの恐怖にパピは脱糞していました。

いつの場合も私が居たので大事に至らずに済んでいます。
この時は目から血が出ていたので病院に走りました(傷は大したことなかったです)

ラッキーと同じ空間にパピを置いておくのはあまりに可哀想
ハウスから出てこないパピ

すでに14歳という高齢で今まで大病もせずに孝行してきてくれたパピ
ミルの看病に必死で、看取った後に初めて気がついた
パピは耳がまったく聞こえなくなっていたのです。

その時の切ない申し訳ない気持ちは今も忘れられません。

そういう訳でラッキーはオーストラリア滞在中の娘の部屋に居ます。
お姉ちゃんの会社の看板犬から我が家にやって来たラッキー

お姉ちゃんのベッドでコロコロしながら快適に過ごし
夜は大好きなお父さんと一緒にネンネしております。

パピさんですが、犬が変わった様に陽気に本来の明るさが数年ぶりに戻ってきました。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

該当の記事は見つかりませんでした。