みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

15歳パピの健康診断

12月10日はパピの15歳のお誕生日

それぞれのご家庭でわんちゃんの年齢に対する思い入れがあると思います。

我が家は先代で初めて迎えたマルチのチョビが12歳を目前に
黒ラブのジュンは11歳を迎えてすぐに
雑種のモモは10歳まであと1週間で虹の橋を渡ってしまいました。
太郎は6歳と4か月でした

なので私にとっては元気な12歳が目標でした。

ミルたんは10歳の時に椎間板ヘルニアを発症し
一時は下半身が完全に麻痺状態になるも奇跡の復活を成し遂げました。
目標の元気な12歳もなんなくクリアし
年を重ねるごとにミルは我が家の希望の星となりました。

小さな体で気が強くぴょんぴょん跳ねる可愛いミルたん
いつしか私の心にひめた次なる目標
15歳の壁も元気で過ごしてくれるはず
そう強く思いこんでいました。

201110mir.jpg


あまりにも強く15歳という年齢を願い過ぎたのか
14歳になってすぐミルに異変が起き始め14歳と4カ月
脳腫瘍の確定診断が下されました。

私の気持ちに応えてくれたミルたんは晴れて15歳になってくれましたが
それは想像もしなかった寝たきりで24時間気が抜けない姿でした。
そして15歳と3カ月でお空に帰ってしまいました。

元気な15歳はこっそり心の片隅にしまいこみ
今を大切にしよう、それが大事なんだと過ごしてきました。


12月10日、小さく万歳!とつぶやく私

papi2.jpg


3か月違いのマロンが3歳という若さで気管虚脱を発症
興奮すると呼吸困難の発作を起こすマロンに付き合わされ
遊びたい盛りを我慢させられたパピ

ミルの看病に続き太郎の看病・・・・
いつも満足のいくような生活を送らせてやれなかったパピ

年相応に体は老化してきました
だけど元気な15歳を迎えてくれました。

とびきりのプレゼントそれは健康診断でした(笑)
パピは全く喜んでなかったけどね

最近のパピの血液検査の値

IMG_20141212_0005.jpg
かなり赤字があります

特に腎臓の機能を示す尿素窒素とクレアチニンが高くなっています。

IMG_20141213_0004.jpg


6月の尿検査

IMG_20141213_0002.jpg


今回の検査結果

IMG_20141213_0003.jpg


問題の尿素窒素は標準には遠いものの下がってくれています。
そして他の項目はほぼ全て基準値になっています。
それぞれの病院の機器での小さな値の違いはあると思いますが

現状維持でも十分うれしいところなのに
少しであっても改善があることに感謝です。

20141103-006.jpg


papi1.jpg


20141119-014.jpg


この元気なパピをいつまでも見続けていたいから
腎臓の機能を助ける為に動物性たんぱく質を大幅に減らし
植物性たんぱく質をメインに日々のご飯作りをすすめています。

これからもパピの為に頑張るね

元気な15歳を迎えてくれてありがとう!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

該当の記事は見つかりませんでした。