みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2号仕込み完了とひとりごと

先日、記事にアップした は成功しているのか?


そこで情報をもらった友達に聞いてみたら

「味見をしてみれば」と言われて


ちょっと飲んでみたら、微炭酸のりんごサイダーの様な味でした。

てことは成功の様です。


ただしこの季節は、発酵に時間が掛かるみたいで

1号ももう少し時間をおきつつ2号の仕込みに着手しました(大げさ)



わがまま天使たち

前回は糖分は上白糖だったのですが、2号ははちみつを使用しています。

そして1号から大さじ2くらいをスターターとして入れてみました。




ここで突然ですが、私の犬のご飯についての気持ちです。


現在は手作りのご飯を与えていますが

ポロンを引き取ってからの皮膚の改善が当初の目的でした。


それまでは、ドライフードでどの子も不都合はなかったし

私自身も上質のフードには何の不満もありませんでした。


ところがポロンのアレルゲン検査の結果

「穀類」全般に高い値が出てしまい

それまであげていたフードの原材料にはかなりの穀類が入っていました。

そこで手探りで始めた訳なんです。


色々な本に書いてあることはバラバラで・・・・

一つの考えに絞られず

読めば読むほど訳がわからなくなっていくばかりで


生食・加熱食・・・・・・

酵素が大事だと始めは生食だけで

ミルが生食に対してはいい反応がなく

我慢していれば慣れてくれると拘りましたが


ドライフードの時の方が状態が良かった?


そんな時に「犬の胃酸はとてもきついから酵素は胃で破壊されてしまう」と

説明される先生にも出会いました。


う~んまた振り出しだ。


経済的な事も考えて、最終的に行きついたのは

人間用にある食材で犬用を無理なく作る


犬の体に毒になるものだけは勉強し(それも本によってまちまちですよね)

自分にストレスなく作れるご飯でやっていっています。


今でもドライフードに否定的ではありません

我が家のわん達はドライフードが大好きです。


病院の先生方が口をそろえて言われる言葉

「長年、研究されて開発された物だから」


その意図することもよくわかっているつもりです。



病院に行った時にサンプルをいただいてきて

実際におやつやご褒美に使っています。





そして今もペットの酵素も取り入れたりとそういうことへの挑戦も続けています。


一番効果を期待したポロンには合わなかったのか

最近になって湿疹や痒みが出て来ています。


酵母を教えてくれた友達も手作りやドライフードを食べさせながら

自然の物を取り入れることをいつも考えています。


子供さんが酷いアトピーだったことで昔からそういう勉強をされているようです。


今回の酵母は、その名の通りパンを焼いたりする時に使う酵母です。

勿論そのまま飲んでも、ジュースを入れて仕込むとシードルも作れます。


これがどこまで犬の体にいい影響を与えてくれるか

それは正直わかりません。


酵素は胃酸で腸まで届かないと言われた先生の言葉を借りれば

酵母も届かない可能性もあるかもしれません。


結局は自己満足なのかもしれませんが

簡単で経済的な酵母作り頑張ります。


すみません、何を言いたいのかわからない文章になりました。

ここまで読んでくれてありがとうございます。










Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4wans.blog95.fc2.com/tb.php/353-6523a742
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。