みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました

沢山の応援コメントやメールをありがとうございました。
まだ個々にお返事が出来ていなくてごめんなさい。



かかりつけの病院は木曜日の午後は休診です。
私達が病院に到着した時に他に何組かのお迎えの方がおられるだけでした。

そして待合室に入った時に病院中に響き渡る犬の鳴き声が

『あれはうちのミルですか?』と伺ったら
担当の先生は『いえ、ミルちゃんはさっき見たら起きているけれど静かにしていましたよ』

私の匂いがしたのか、声を感じ取ったのか
その鳴き声は怒りに満ちどんどん大きな声になりました。

そうです、それは先生もびっくりのミルの声でした。
ミルがいるのは病院の診察室の奥にある入院のケージの中
窓口で受付をする私の声が聞こえたのだと思います。

順番で診察室に呼ばれた時に先生が『さっきまで静かにしていたのに、あれはミルちゃんでした』
少し笑いながらおっしゃられ、私の緊張がほぐれた時でした。

血液検査の結果には異常はなく、病院に来てからは発作もなく

脳圧降下の点滴等をしていただいて様子をみていただいていた等の説明の後
ようやくミルと再会しました。

ミルはどうしても帰りたくて頑張って吠えていたのでしょう。
私が抱っこした時は安心した表情になりながらもハーハー
でもそれは吠えたからで病院に居る間はずっと安静にしていて呼吸は安定していたそうです。

帰宅したミルはいつもの2倍のご飯を一気食い(笑)
もっと欲しいと訴えていましたが
急に食べ過ぎて胃腸をこわしてもいけないから我慢をしてもらって
例のごとくリビングを何度か走り回って、パピに意地悪して
気が済んだようでいつもの場所でほっこりと今も眠っています。

沢山の方に元気玉を送っていただき本当にありがとうございました。
読ませていただくだけで元気をいだだきました、感謝します







にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ






該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。