みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この子は生命力が強いから難しい

今日も午前中に点滴とステロイド注射に行く予定でした。


実はこの間からどうしても解明したいことがありました。

それは嘔吐・下痢が続き、脱水防止の為に始めた点滴
薬も栄養も何も入っていない点滴なのに、何故かその後のミルは気持ち良さそう

嘔吐も下痢も止まった今、水分も牛肉もスープもそこそこ摂れています。
健康な頃の様に十分とはいかないけれど何カ月もこれで生きてきたミル
不調の前の状態に戻し、点滴を切ってみて様子をみてみよう。

午後1時過ぎから、やはりグズグズが始まりました。
しっかりポカリもスープも飲み、牛肉もかなり食べているというのに
1時間ごとのグズグズが再び起こったのです。

このまま又ぐずりで夜を明かしてしまうと体力が落ちてしまう
夕方遅くにギリギリ病院へ向かいました。

1127miru.jpg

診察待ちのキャリーバックでグズグズ言ってるミルたん


診察が始まり、先生に疑問をぶつけると

骨と皮の状態で余分な脂肪も筋肉もゼロに近いミルの体
口から摂れていても、軽度の脱水状態に変わりなく点滴で水分を入れるだけでも楽だろう

すでに今日も半日グズグズで眠っていなかったミル
早速、皮下点滴をしていただきました。

とにかく理屈ではなく、ミルが少しでも気持ちのいいことをしてあげたい

これは先生も同じ考えで点滴をすることで穏やかに過ごせるなら
口から水分を摂れる摂れないにかかわらず点滴は続けることになりました。

そしてこれから先いずれは家でする為のやり方を教えてもらってきました。

その時に沢山のわんこを見てきた先生から一言

『この子は生命力が強すぎるから難しいやろな』

先生曰く、ミルの体は今までに診てきたどの子よりも痩せているのだそうです。
常々こんな体の状態でスープを飲み、牛肉を食べられることが
信じられない、奇跡だと言われます。

毛が抜けてしまった皮膚の上から肺も肝臓も殆どの内臓が透けて見れる程に痩せています。
だから皮膚に針を刺すのが素人ではとても難しいということなんです。

いつも病気のワンコさんで溢れている掛かりつけ
そこで副院長をしている担当医は、本当に多くのワンちゃんを診察してきたと思います。



その先生にそう言わしめるミルは強い子なんだと再認識して胸が熱くなりました。
ミルたんが限界に挑戦するのなら、母もどんなことでもしてあげるからね。




暖かい応援のメールをありがとう。
ミルに優しく大きな元気玉がいつも届いています。
本当にありがとうございます。







にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。