みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルの最期2とご挨拶

今もメールをいただきます。
コメントも本当に沢山いただきました。
ありがとうございます。

1203mtt1.jpg

写真のプリントも出来なくて
急ごしらえの台の上のお供え物もお花も全て送って頂いた物
可愛い物の中で自慢げにしているミルが目に浮かびます。
ミルの為にありがとうございました。


報告として、記録としてもどうしてもミルの最期を記しておきたい
そう思う自分と、ポッカリと記憶が抜けてしまっている自分
おかしな気持ちで日々を過ごしています。

あの時の気持ちや様子はある時には溢れるように湧きあがり
ある時には全く思い出せない。

残しているメモの記録と照らし合わせながら書いておきます。

土曜日遅くに抗けいれん剤を飲ませたミル
相変わらずグズグズは続きました。

日付が変わり0時55分にやむなく鎮痛剤を飲ませ
それでも顔を歪めてワオンワオン

そうしている内に状態の良いウンチをしたのが1時20分
ウンチがしたかったからか、それで機嫌が悪かったのか

だけどその後もぐっすりとは眠れず
私は抱っこしたり降ろしたり

いつもなら牛肉やポタージュをあげるところだけれど
前日から痰が絡み、飲みにくそうにしていたのもあり
ポカリをシリンジでゆっくり飲ませるだけにしておきました。

その内、ミルの右目に酷い眼振が起こっていることに気づきました。
脳腫瘍ではよく聞く症状ですがミルは初めての経験でした。

これはウンチを出す苦しみではなく、腫瘍の影響でのグズリなんだ。

そう感じた私は、朝から病院に連れて行き
今のませている鎮痛剤が効かなくなった場合の最終手段
睡眠をとらせる為の麻酔を打ってもらおうと思いました。

病院が開くのが9時、30分前から受け付けなので
主人に診察券を出して来てもらおう
そう決めた私は少し気持ちが楽になりました。

午前6時に鎮痛剤を飲ませ抱っこしていると
7時過ぎにようやく声も静かになり、眠りにつけたミル

受け付けの時間までにはまだ時間がある
そう思い、ミルの横でちょっとだけちょっとだけ眠ろう

私が眠りについたのは8時過ぎだったと思います。
その時にミルが又グズグズとワオンワオン鳴き始め
起きなきゃと思いながら睡魔に襲われ

ハッと気がついたのが9時前
すぐに横で眠るミルを確認、いつもの顔で眠っています。

そして寝たきりになってから、ミルの生存を確認する為にやっていた
ミルの目にふっと息を吹きかける、いつもならピクッと瞼を動かすはずが
全く動かないミルの瞼

すぐに体を触ったら、いつもの体温、いつもの体の状態
ただ眠っているだけのように見えるミルでした
心臓の辺りを優しくさすり、何とか戻そうとしましたが駄目でした。

1年間、ミル一筋に引きこもり生活を送ってきたのは
最期に私の胸の中で逝かせたい。
それだけが長い闘病生活を支えてくれた目標でした。

そのたった一つの願いが1時間のうたた寝で叶いませんでした。
1人で逝かせてしまいました。

ミルの寝顔は穏やかで、今にも起きてきそうで

夜中にウンチもしていましたから最期まで胃も腸も正常に働いていました。
だから亡くなった後もお尻の方はずっと綺麗なままでした。

1年前に言われた、呼吸に影響を及ぼした時が最期です。
その言葉通りミルの呼吸が止まってしまいました。
他のどの臓器が丈夫であってもミルの命を奪ってしまう。

最期にどんな苦しい時間があったのだろうか?
逝ってしまう直前はどんな表情だったのだろうか?

考えれば考えるほど胸が痛く
その事実に向き合うのが辛く・・・・思考を停止してしまっています。


もしもミルがその日をその時間を選んだとすれば
大好きだったお父さんがお休みの日。

9時前に亡くなったばかりでしたが
先代の子達もお世話になった葬儀屋さんに電話を入れると
午後3時に空きがありました。

オーストラリアに居るお姉ちゃん以外の家族に
大好きなお父さんに見守られてミルはその日の内に小さくなりました。

今もミルの最期の瞬間を想像すると身を切られる想いです。
それを受け入れるのが辛く、今はその気持ちに蓋をしてしまっている状況です。
ですが、うちには他にもワンコがいます。
その子達も私がお世話をしなければ生きていけません。
今まで我慢してもらった分の恩返しもしなければいけないと思っています。


会った事もない私達に沢山の元気玉を送って下さった皆さん。
本当にありがとうございました。

長い闘病生活を沢山の方に支えてもらいやってこれました。

ブログは我が家のワンコ全員の記録なので続けますが
ランキングからは離れてゆっくりやって行こうと思います。

こんな拙いブログに足を運んで下さり感謝しています。
長い文章を読んで下さってありがとうございました。

今まさに闘病生活を送られているワンちゃんと飼い主さんに穏やかな日が続きます様に

今度は応援させてもらいます。


ありがとうございました。














該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。