みんな一緒♪

愛犬を中心に写真日記
MENU

太郎のアジソン治療についての迷い

年明けから始まった太郎の不調
それはきっとアジソンの発症が関係していたのだと思われます。

確定診断が下ってから1ヶ月余り
これまでに2度ほど体調に波が来ています。

ここ数日、また食欲減退で薬を飲ませるのも大変

4月の始めからパソコンが修理に出ていたこともあり
マロンのクッシングの時のようにアジソンについての検索は控えていました。

勿論ネットで得る情報がすべて正しいわけではなく
獣医でしか知り得ない情報は沢山あるということもわかっています。

何よりも今の治療とは違うものを知ってしまうことで
かかりつけ医への信頼感が揺らいでしまう不安もあります。

例えば、太郎が服用中のフロリネフという薬
こちらはかかりつけも輸入物を使っておられますが(国産物は高くて手が出せない)
なかには飼い主さん自身に個人輸入サイトで購入を勧められる獣医さんもおられるようです。

そういう書き込みを見た後で、かかりつけに個人で購入のお話しをすると
明らかに不満顔をされると落胆してしまう自分がいます。


前回の不調は4月4日、病院に行ったのが4月7日でした。
電解質の結果が悪くフロリネフの量を0.2mg/日ずつ増やし1週間


4月13日の公園での太郎




増やしたフロリネフのお陰で元気に走り回る太郎
こんなに走る太郎を見たのは2年ぶりでした。

ビビリだからと思っていたのは病気のせいだったのか
おじいさん犬のようにいつもトボトボとお散歩していた太郎。

そんな幸せいっぱいだった気持ちのさなかにやってきた不調
24日から再び食欲減退のゾーンに突入してしまいました。

嘔吐・下痢はなく、お散歩には行きたがるので今は様子中
鶏ムネ肉は食べてくれるから時間に関係なく食べさせています。
薬もムネ肉に忍ばせて飲ませる事に成功出来ています。

きっとフロリネフの増量が必要なのだと思われます。

安定するまでは波があるのだろうと覚悟していますが
こんなに短い周期でやってくる波にはなかなかついていけなかったりします。


なんだか悲しい表情の今の太郎

4月25日IMG_1413


控えていた検索・・・・昨日やってしまいました。

一番にヒットした治療法はかかりつけでも聞いていたけれど
それはかかりつけでは現在は取り扱っていない注射での治療でした。
お話しを聞いた時にあまり推奨しない雰囲気をだしていたのを覚えています。

そこでミルやマロンの確定診断をしてもらった
少し遠いM動物病院に問い合わせをしてみることにしました。

電話口に出てくれたのは受付の看護師さんでしたが
こちらの質問を聞くたびに何度も先生に相談に行ってくれ丁寧に説明して下さいました。

M動物病院での治療法は、やはりパーコテンVという注射がメインだそうです。

太郎の体重だと1本が2万円くらい、ただし注射の効果は25日くらい続きます。
補充に少量のプレゾニン(ステロイド)を使うそうです。
もう何年もフロリネフでの治療は行っていないとのことでした。

パーコテンVはフロリネフに比べると新しい薬です。
だけど流れとしてはきっと近い将来はこちらがメインになるのかもしれない。

このまま不調がくるたびにフロリネフの増量をしていくか
まだ5歳になったばかりの太郎のこれからの長い将来を考え
どちらの治療を進めていくか

慎重に考えて答えを出してみるつもりです。

私の性格を知っている人からは答えが出てるやん。と言われそうですが(笑)






にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


該当の記事は見つかりませんでした。